スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六十三特別号、『麺屋 中川會』グループを連食!

たまには趣向を変えての食べ歩き、同じ系列のお店を巡ってきました!!
今回は『麺屋 中川會』さんにスポットを当てていきます。
何故かというと、どこ支店?も自転車で行ける範囲だったからです(笑)
住吉の『本店』、曳舟の『頂』、神保町の『神』と、互い互いが近い位置にあるので計画を立てやすいということもありました。
どの店も二回目のレビューですが、たまには行ったことがある店を回ってもいいじゃない(笑)
それと、ここはスープの種類が少しずつ違っており、『本店』は魚介鶏「豚骨」系『頂』は魚介鶏系『神』は魚介鶏「牛骨」系(豚も入っていたかな?)、食べ比べの意味もありました。
ではではご紹介を(食べた順番です)。
数があるので全体的にレビューは軽めにします。
ちょっとレビューが見づらそうだったので、ポイントポイントは強調しました。
カテゴリーのくくりは『本店』の「江東区」をメインにしておりますので、よろしくお願いします。



こちら、曳舟にあります『麺屋 中川會 頂』さんです!!
メインは鶏魚介です。
この三店舗のなかでは、僕が一番好きなお店ですね。
今回はつけ麺780円を大盛り(300g、+100円)で食べてきました。

中川會 頂_convert_20140516130204
↑クリック推奨

麺は断面丸め、ややウェーブのもちもち中太麺
三店舗の中では一番細いです。
製麺所は「浅草開花楼」、特注麺を使用。
もちもち感に定評があるので、そこはうなずけますね。
ややウェーブということで、つけ汁との絡みはよし。
中太ですすりやすいですし、食べやすい麺でした。
小麦の香りや味は、つけ汁が濃厚めなので、感じにくかったですね。
総じて美味しい麺でした。


つけ汁は濃厚鶏魚介、といっても濃厚すぎず、しつこくなくすっきりとしたマイルドタイプ
粘度はトロドロと言った具合、麺には相性よし。
食べやすさも三店舗の中では一番軽いです。
甘さが立っているような気もします、鶏よりは魚介の方が強いです。
その分食べやすく、麺のすすりやすさも含まって、ちょうどいい。
こちらのお店、若干ぶれがあります。
初めて来店した時はつけ汁の塩分がほとんど感じられず、「味が分からん!!」となったことがありました。
気のせいかもしれませんけどね。
その後の二回来店ではそんなこともなかったので、満足しています。
美味しいつけ汁でした!!


トッピングはなしなのでデフォルト。
麺上は海苔。
つけ汁具は、厚めの豚バラチャーシューが1枚、メンマ、カイワレとネギ。
チャーシューは煮込み系のホロホロタイプ、美味し。
『頂』さんならでは、小皿の『ラー油』ですね、香ばしさがアップします。
デフォルトでこれなら、十分楽しめると思います。
基本的に、このチャーシューは全店共通っぽいです。
この先、どの店舗もトッピングはなしで食べます。
メンマ等で特筆することはないので、トッピングレビューはここまでにします。


~感想~
近年のしつこいくらいの濃厚魚介豚骨に比べたら、かなりマイルドで食べやすい。
並びもお昼時に3~4人というくらいで、それほどでもない。
行きやすいお店だと思います。




次に連食したのが、住吉にあります『麺屋 中川會 本店』ですね。
こちらは濃厚魚介鶏豚骨でやっておりまして、結構がっつりタイプです。
今回はつけ麺780円を大盛り(300g、+100円)で食べてきました。

中川會_convert_20140516130224
↑クリック推奨

麺は、つぶつぶがちょい見えたので全粒粉系?の、断面四角目のストレートの太麺
ちなみに、こちらも「浅草開花楼」さんの麺。
がっつり、食わせてくれます(笑)
三店舗の中では一番太麺、太い分だけ小麦が良く感じられます。
つけ汁に豚骨が入っているので、その旨みを最大限生かすように太麺なのでしょうね。
良い麺でした!!


つけ汁は、濃厚魚介鶏豚骨と、複雑な感じ。
この手のつけ麺は鰹節と宗田節とか、ある程度形が限定されてしまっているところはあります。
『中川會』さんの場合は、若干の酸味とフルーティーな香りが付加されているんですよね、これが特徴的だと思います。
「野菜や果物を良く煮込んでいる」、という能書きをみたことがあるので、そのおかげだと。
その分、普通ならこってりになりがちな、豚骨入りでも、結構軽めな印象で食べやすかったです。
女性のお客さんも多いみたいですし、万人受けしやすいのだと思います。
それでも、三店舗の中では一番こってりで、塩味も強めです。
太麺に相性の良いつけ汁、美味でした!!


~感想~
三店舗の中では、一番こってり系なつけ麺です。
並びは結構なもので、常時5人前後、多いときは10人以上というときもありますので、来店の場合は注意が必要です。
新しくスタッフが増えた?っぽく、ややあたふたしているところもありましたが、回転は悪くない模様。
混みを考えるとハードル高めですが、住吉という立地には一軒あると重宝する、良いお店だと思います。



連食最後は、神保町にあります『麺屋 中川會 神』さんです!!
こちらは魚介と鶏に牛骨を合わせた、複合タイプ。
僕自身は牛骨の経験値が低いので、正直どういうものかわからないです(笑)
美味しければなんでもいいと思います!!
今回は、つけ麺750円を並盛り(230g)で食べてきました。
流石に、最後は並盛りで(苦笑)

中川會 神_convert_20140516130138
↑クリック推奨

麺は、黄色身が強い、ややエッジもある、ストレートの中太麺
こちらも「浅草開花楼」さんですね。
触感としてはもちもちにプラスして、ややくにくにとした弾力もあり、触感が美味しい麺。
ちょっと気になったのは、2連食後で食べていたのですが、余裕で入ったところ微妙に麺量少ない?
230gと言ったら、普通のお店よりむしろ多いくらいですので、やっぱり少ないのではないかという疑問はぬぐえません。
盛り付け方も、他の二店に比べると若干べしゃっとした印象。
気のせいかもしれませんけどね。
味は美味しかったです。


つけ汁は濃厚魚介鶏に、プラス牛といった感じ。
粘度はトロドロ、麺に絡みます。
どちらかというと魚介が立っていて、甘みが強い印象です。
「牛? どこぉ?」みたいな、経験値の少ない僕の味覚では判別が難しかったですね。
それでも、動物系の濃厚な旨みはありました、それが牛なのかもしれません。
気持ち、『頂』さんのつけ汁に「牛骨」を足しただけ、みたいな印象はありますが、こちらはこちらで美味しいです。
総じて美味しいつけ汁でした!!


~感想~
旨みは強いけど、こってりしすぎないマイルド系。
僕が伺った13時30分頃はお客さんはおらず、その後食べ終わるまでに3人来店。
時間帯によってはすぐに入ってすぐ食べられる気がします。
味は悪くないのですが、神保町には『大勝軒』さんや、『めん徳二代目つじ田』さん、『バリ男』さん、『魚とん』さん、などなど、美味しいお店が多いので、選択肢としては難しいところ。



~総合~
3連食終了!!
とまあ、そんな感じの一日でした。
開店11時30分~14時までの間でこなしたの、ちょっと倒れそうでしたが(笑)
同じ系列?でも、麺やつけ汁の違いなど、比べられると見える部分が変わってきますよね。
こちらは、能書きとして、全体を通して、「野菜や果物を煮込んでいる」みたいな部分に興味がわきました。
特に果物、つけ汁をすっきりマイルドに仕上げるには良い材料なのではないかと思っています。
池袋の『キングコング』さんのように、メインが「トロフルつけ麺」、と初めから果物入りを推しているお店もありますから、面白いです。
あえて、トロフルに挑戦してみようかなぁ、とかとか、いろいろ考えさせられる食べ歩きでした。


どのお店も、とても美味しいです。
味で選ぶというよりは、各店舗の近場に寄った時に来店されると良いと思います。
興味がございましたら、是非是非お試しくださいませー。

『麺屋 中川會』さんのホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

つけタク

Author:つけタク
「つけタク」といいます!!

つけ麺好きの中年ですwwww

美味しいつけ麺を求め、関東近辺をフラフラしています。

好みはスタンダードな魚介豚骨、麺極太です!!

お気に入りのお店、新小岩『一燈』、野方『無鉄砲 無極』、中野『麺匠 ようすけ』です。

以後、お見知りおきを~!!

ブログの概略は、食べたつけ麺の紹介、お土産や市販つけ麺の料理、とにかくつけ麺に関すること全般です。

※2014年4月からラーメン店で働くことになりました。色々と経験できたらいいなと思います。

注)評価の星は、本当に主観的な点数ですので、鵜呑みにせず参考程度に、よろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。