スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五十五号、秋葉原にある『饗 くろ喜』 (三回目)

K 鯛白湯つけそば 新玉背脂めし_convert_20140503052804
↑クリック推奨

前の火曜日にお邪魔してきました、秋葉原の行列ができるお店『饗 くろ喜』(三回目)さんです!!
僕のブログで三回目の記事は初めてではないでしょうか。
一回目は味噌、二回目は、でした。
実は、この日限定のものが食べられると聞き及んで、足を運びました。
なんと、「鯛白湯」だそうです!!
食べたことない(笑)
経験値稼ぎと言いますか、ちょっと食べてみたいとお邪魔した次第です。
今回は、鯛白湯つけそば1000円と新玉背脂飯200円で食べてきました。
麺量はちょっとわかりませんが、多分230gくらいかと。


麺は平打ちの多加水系、うどんのような触感で低かん水かもしれません。
ちなみに、こちらは自家製麺ですね。
つるつるもちもちと、かみしめる触感と口当たりが良い麺です。
こちらの店長もおっしゃっていましたが、なんか麺が異様に長かったです。
麺を持つ箸を、腕ぎりぎりまで伸ばしても麺を引き上げられませんでした(笑)
自家製麺ならではですよね、こういうの。
食べにくかった気はしますが、味自体はとても素晴らしい麺でした、美味。


つけ汁は鯛白湯、濃厚な鯛の旨みが口いっぱいに広がります。
鯛の旨みというか香りですかね、味と言っても良くわからないです(苦笑)
店長のブログを除いた限り、鯛出汁のほかに鶏油も入っているようで、その混合が旨みになっていると思われます。
初めての系統でしたが、思ったよりあっさり美味しく食べられました。
鮮魚系なので、とろとろの出汁でも重くはない印象。
それでも、油膜ができていたので、重いと思う人には重そうです。
食べ慣れない出汁で???状態でしたが、美味しいつけ汁でした。


トッピングは、デフォルトですが、全部乗せの様相。
麺上は、生パープルアスパラガス(塩タレ)、鶏のレアチャーシュー(ゆず塩タレ)、鯛(のなんていうんでしょうね、湯通しで塩?)、春キャベツの洋風浅漬け(アンチョビやガーリック、オリーブなど?)。
特筆すべきは……、とか、冷静に分析できないくらいに、とにかくアスパラガスが美味い!!
太さは、スーパーなどで売られているものの2~3本分くらいの太さがあります。
噛んだ瞬間にパキッと小気味よく折れて、ものすごくジューシー。
まず根の方から食べたのですが、甘みがすごく、噛みしめるたびに美味しい汁が出てくる出てくる。
そして、穂に近づくとやや苦み走った香ばしいような味わいに変化していく、大変美味!!
塩タレにサッとくぐらす、細やかな手法で、より甘みが感じられて、良く考えられていました。
このアスパラガスを食べられただけで、僕としては満足です(笑)
春キャベツの洋風浅漬けは、こう洋風の前菜という感じで、これだけでも美味しいもの。
これをつけ汁に浸すと、和洋の間で揺れていたのが一気に洋風に移動し、香りや旨みが様変わりしました。
ちょこちょこっとつまむ箸休めにも、とても美味しかった。
後は、鶏レアチャーシューのゆず塩タレの具合が良く、これだけで一品もの。
鯛はふわふわで、口当たりが優しい繊細な味。
どれもこれも、一品で出てきてもおかしくない手の込みよう、素材の持ち味を生かす手法、脱帽でした。
つけ汁具は、何でしょう揚げてあるネギかなんかでしょうか。
正直トッピングは、ちょっと贅沢すぎるかな、とか思いました。
ラーメンつけ麺のトッピングではないです(苦笑)
でも、美味かった!! 
このパープルアスパラガスの旬を調べたら5~6月というじゃありませんか。
ちょっと、自宅でも食べたくなりました。


特別枠は、ご飯ものです。
限定の、新玉背脂めし、だそうです。
いやー、これはこれで美味しかったです。
新玉ネギのしゃきしゃきとしたみずみずしさと甘み、そして辛味。
背脂のこってり感を、和らげてくれました。
そして、これ醤油が美味い。
ブログの方には「小豆島のヤマヒサ醤油」がかかっているそうな。
勉強になります。
話がそれましたが、美味しかったです。


本日限りの限定なので、軽めに。
前の火曜日は祝日で、混むことを予想して1時間前に並び始めたら12人目。
皆さん早すぎですわ(笑)
その後、ぞろぞろぞろぞろぞろぞろ、と人が来て開店前にもかかわらず70人待ちとか、おかしい数字になりました。
こちらのお店はテーブル席も含め13人まで、ぎりぎり一巡で入れました。
というか、無理やり相席させてもらいました(笑)
テーブル席だったのですが、さりげなく座ったらそのまま提供されました。
そのテーブル席に座っている三人とも知らない人どうし。
何故、三人かというと、対面の人が椅子に荷物置いてたんで12人の僕までしか入れなかった模様。
でも、僕の隣の知らない人は、水をさりげなくこちらに渡したり、麺とかつけ汁とか移動してくれたので、嬉しかったです。
まあ、この日限り「鯛白湯つけそば」なので、この混みようですが、普段は開店直後で15人ちょいだと思います。


良い一品でした。
麺、 つけ汁、 トッピング、すべてに良い感じに手が入っていました。
『鯛白湯』はこの日限りですが、以前というか、3月にも限定で出していたので、またそのうちやるかもしれません。
ちょっと並びが心配ですが、その際には是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 3  ★★★☆☆
具の鮮麗さ 5  ★★★★★


~雑談~
以前、金曜日限定の『紫 くろ喜』さんに行くと言いましたが、先に限定でしたね(笑)
それにしても、素材の使い方が素晴らしいと思いました。
手が込んでいるというか、上にも書きましたが、トッピングが全て一品料理として出せる感じです。
「鯛白湯」については、香りと旨みが濃厚で美味かったです。
ちょっと、興味を持ちましたね、素材としての「鯛」。
使ってみたいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

つけタク

Author:つけタク
「つけタク」といいます!!

つけ麺好きの中年ですwwww

美味しいつけ麺を求め、関東近辺をフラフラしています。

好みはスタンダードな魚介豚骨、麺極太です!!

お気に入りのお店、新小岩『一燈』、野方『無鉄砲 無極』、中野『麺匠 ようすけ』です。

以後、お見知りおきを~!!

ブログの概略は、食べたつけ麺の紹介、お土産や市販つけ麺の料理、とにかくつけ麺に関すること全般です。

※2014年4月からラーメン店で働くことになりました。色々と経験できたらいいなと思います。

注)評価の星は、本当に主観的な点数ですので、鵜呑みにせず参考程度に、よろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。