スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五十四号、亀有にある『たいせい』

たいせい 醤油ラーメン_convert_20140423220909
↑クリック推奨

そして最後3連食目、胃袋が大部たまっているときでも行きたいお店『たいせい』さんです!!
こちらのお店は3回目でして、1回目味噌、2回目つけ麺。
今回は醤油らー麺700円(ド忘れましたが、多分この値段)で食べてきました。
ちょっと増税後の値段はわからなかったです。
ラーメンなので軽めのレビューで。


麺は細麺~中太麺のストレート麺。
プツンプツンと小気味より触感で、歯ごたえも旨みもある良い麺。
製麺所は、「浅草開花楼」さんで、店中にはそのタグ?が置いてあります。
美味い麺でした。


スープはあっさり鶏魚介系。
味は醤油、あまめの味付けで意外としっかりと出汁感があり、香りは十分、若干甘みか醤油がべたつく感じ。
美味いです、生粋のあっさりではなく、万人向けしそうな方向性。
麺には良く合っていますし、直観的な旨み、とても美味しいです。


トッピングは、デフォルトなので軽めに。
ロール豚バラチャーシュー、タケノコ感の強いメンマ、海苔、白髪ねぎ、青ネギ、揚げネギ、と。
チャーシューはトロトロで箸で切れるくらい柔らかいもので美味。
メンマはタケノコの旨みが残る、細いタイプで触感がグッド。
特筆すべきは、ネギの使い方。
白ネギは触感、青ネギは風味、揚げネギは香ばしさを、それぞれ特色を持っていて、それが出汁感のしっかりしたスープには良く合いました。
ネギの使い方は面白かったです。
総じて良いトッピングでした。


今回は、こちらのサービスを紹介したいと思います。

たいせい ランチサラダ_convert_20140423220950

まずは、ランチサービスのサラダで、ライスと選べます。
僕は3軒目ということで、ライスは重たかったのでサラダにしました。
水菜がメインで、シーザードレッシングに胡椒、揚げニンニク(?)といった具合で、さっぱりと食べられました。

たいせい ルイボスティ_convert_20140423221018

そして、食後に出てくるルイボスティーです。
らー麺を食べた後に、「ちょっとさっぱりしたい」というときに嬉しいサービスです。
どちらも良いサービスです。


平日のお昼頃にお邪魔して、半分程度の来客数。
カウンターのみの10席前後、店内自体は広くゆったりできる感じです。
品が出てくるのも、らー麺なので早かったです。
それほど待つことはないと思います。


美味しいらー麺でした。
味の幅も広く、醤油、塩、味噌と、それぞれの気分に合わせて食べられるのも特徴ですね。
あっさりというよりはしっかりしているので、物足りないこともないでしょう。
亀有にお越しの際は、是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 2  ★★☆☆☆
汁の濃厚さ 3  ★★★☆☆
具の鮮麗さ 4  ★★★★☆


~雑談~
というわけで、三連食しましたー!!
流石にきつかったですね(苦笑)
何故か、勝手に足が動いていたんです、せっかく来たんだから食べないともったいないって感じで。
あまり食べ過ぎても体調が崩れてしまいますし、ほどほどが一番!!
でも、食べるときは食べますよー(笑)
亀有にはまだまだ美味しいお店はありますから、是非是非色々とお試しくださいなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

つけタク

Author:つけタク
「つけタク」といいます!!

つけ麺好きの中年ですwwww

美味しいつけ麺を求め、関東近辺をフラフラしています。

好みはスタンダードな魚介豚骨、麺極太です!!

お気に入りのお店、新小岩『一燈』、野方『無鉄砲 無極』、中野『麺匠 ようすけ』です。

以後、お見知りおきを~!!

ブログの概略は、食べたつけ麺の紹介、お土産や市販つけ麺の料理、とにかくつけ麺に関すること全般です。

※2014年4月からラーメン店で働くことになりました。色々と経験できたらいいなと思います。

注)評価の星は、本当に主観的な点数ですので、鵜呑みにせず参考程度に、よろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。