スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パスタでラーメン!!」を作ってみたよ。

さてさて、前回の「パスタで油そば!!」を作ってみたよ、での失敗をあげます。
何かわからない人は、前回の記事を見てください。

反省「麺のぬめりを取ろうと水で洗ったら、中華麺の香りが減退し、パスタに戻った」

それを踏まえて、今回は水洗いしなくてもよいラーメンに挑戦です!!
もろもろの仕込みを。

鰹節油_convert_20140329122652

まずは前回作った鶏油に鰹節の魚粉を混ぜで「鰹節油」風にしました。
拾ってきたレシピは、鰹節をレンジでチン→パリパリになるので手で砕く→粉々の魚粉になる!! というもの。
しかし、鰹節が少ないのと、基本的には鰹節自体を香味油で揚げてじっくり香りと味を移す工程を端折ったので、どうも今一つでした。
今度は、揚げるほうに挑戦したいです。

出汁_convert_20140329122629

二枚目は、「白湯」風スープです。
ちょっと前に、おうち麺レシピの本のレビューを見て(本は買ってません)、コーヒーフレッシュを入れるとまろやかになるっていうのを見ていたので、挑戦してみました。
材料は、コンソメスープの素、コーヒーフレッシュ、ゴマ油で、基礎は完了。
んー、何スープと聞かれると、コンソメ自体が牛と野菜のスープなので牛白湯系になるのでしょうか、よくわからないですね。
なんでも、乳化(水と油を結合させる)のつなぎとしてコーヒーフレッシュ、それでコンソメスープとごま油を合体させているようで、かき混ぜて煮たら浮いているゴマ油分がなくなりました。
例えば出汁を鶏ガラスープにしたら、鶏白湯風になるのかもしれません。
可能性は無限大ですね。
濃度のうっすいスープで味気なかったので+煮干しを使うことに!
水出しの煮干し汁を加え、煮干しも手作業で粉砕できるレベルまで撹拌(フードプロセッサーがないので、レンチンで乾燥させ、麺棒でたたきました)してスープにイン。
端っこのほうに黒い粒が浮いていると思いますが、それです。
少しばかり煮干しの苦みが出ましたが、いい雑味感でした。
スーパーで売っている生めんスープくらいの美味しさで、おうち麺としては十分満足できるかと思います。

チャーシュー_convert_20140329122714

こちらはもう慣れっこ、鶏レアチャーシューですね。
自宅制作でなおかつ、おなか壊しやすい家族がいるので、火入れは長めで。
ラーメンに合わせるように、塩コショウを薄味にしました。

写真はないのですが、巷で噂のキッコーマンの「生醤油」を使って返しづくりをしました。
あれ、火入れするとすごい香り立ちますし、うまみも増えて、ちょっと驚くほどでした。
醤油一つでここまで変わるとは、香味油と同様、侮れないですね。

スープ_convert_20140329122744

とりあえず、スープの画像です!!
なんかお店っぽくて、興奮しました(笑)
全般的に大したことをしているわけではないのに、この完成度。
やったかいがあったというものです、はい。

完成品_convert_20140329122607

じゃーん、完成図です。
麺太い、というか、微妙にここから見てもパスタっぽい。
トッピングは、鶏レアチャーシュー、ホウレンソウ、玉ねぎ、とシンプルに。
ではでは、実食です。


もぐ! もぐ、もぐもぐもぐ……。
(うぉー、お、惜しい感じがする。前よりは断然近い触感と風味、良い感じか?)

もぐもぐ、もぐ? もぐもぐ、もぐもぐ……。
(う、ん? あれ、食べていくうちにパスタに)


ここで、考察してみました。
スープに入れる系のラーメンは麺を洗わない分、香りと触感が生きています。
しかし、麺にスープがしみこむと同時に、重層の入った水がしみ出し、パスタに戻っていく。
食べ始めは大分いい感じでした。
パスタのような太麺じゃなくて、細麺の冷麦でやると、細麺でスープにもあうラーメンになるかと思います。
例えば、安価なパスタに飽きたら、この方法を使って、麺つゆでざるラーメンとか、濃縮スープのみを使用してラーメンとか、あと焼きそばとか、かなりありです。
パスタ自身のゆで時間は7分でしたが、つけ麺にする場合は8分と1分は延ばしたほうがいいでしょうね。
水で占めると、途端に硬くなり、芯が残りますので。


結論『大変惜しい! が、中華麺ではない!! あと一歩及ばず』


スープやトッピング自体は悪くなかったです、それなりに美味しかった。
今回は初めてづくしだったので、てんやわんやしてしまったところもありましたが、ほとんどが勉強になりましたね。
パスタで中華麺は、ありですし、麺にこだわらない方なら、むしろ簡単で良い方法かと思います。
家にパスタと重層がある方、是非是非自身の舌でお試しくださいなー。


どうでもいい話ですが、「南極料理人」という映画を思い出してしまいました(笑)
面白い映画なので是非、ラーメンについても語っていますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

つけタク

Author:つけタク
「つけタク」といいます!!

つけ麺好きの中年ですwwww

美味しいつけ麺を求め、関東近辺をフラフラしています。

好みはスタンダードな魚介豚骨、麺極太です!!

お気に入りのお店、新小岩『一燈』、野方『無鉄砲 無極』、中野『麺匠 ようすけ』です。

以後、お見知りおきを~!!

ブログの概略は、食べたつけ麺の紹介、お土産や市販つけ麺の料理、とにかくつけ麺に関すること全般です。

※2014年4月からラーメン店で働くことになりました。色々と経験できたらいいなと思います。

注)評価の星は、本当に主観的な点数ですので、鵜呑みにせず参考程度に、よろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。