スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二十七号、亀有の『道の塩』

道の塩 塩ラーメン中盛り_convert_20140216182405
↑クリック推奨

昨日行ってまいりました、亀有の『道の塩』さんです。
またまたラーメンで、「おいおい、つけ麺のブログじゃねぇのか?」と、お叱りを受けそうなところですね(苦笑)
本来は、つけ麺好きで知らない人はいないはず!! というほどの味の『つけ麺 道』という名で営業しています。
このお店は、月・火曜日『道の塩』さんという塩ラーメンのみ営業の日で、そのほかの曜日が『つけ麺 道』さんというつけ麺のみの営業日と分かれていまして、本来ならつけ麺の日になるのですが……。
どうも、この日は亭主が物産展的な催しに出られていて、店にいらっしゃらないということで、ラーメンの日になっていたと予測します(本当は違う理由かもしれません)。
つけ麺ではないけれど、せっかくお邪魔したので塩ラーメン750円を中盛り(+100円で、250g)で食べてきました。
ラーメンなので軽めなレビューで。


麺は中太(?)のストレート、腰があるというよりはもちっ、ぷつと軽めな印象。
麺自体はそれほど主張しませんが、弱いわけでもないです。
相性の良いスープが多そうな、バランス型だと思います。


スープは、ややトロミがある魚介豚骨、多分鶏も入っているのではないかと思います。
ちょっと前にクリーミーが特徴と聞いていたので、濃厚なのかと思ったらそうでもなく、食べやすかったです。
トロミがついている分、あっさりとは行きませんが、乾物系の香りも出ていましたし良かったと思います。
最初スープを飲んだときは、「あれ、薄味かしら?」と思ったら、卓上の能書きで、「味が薄いと思ったら、卓上の塩をおいれください」とのこと、遠慮なく入れさせてもらいました。
一つ、面白かったのは、その卓上の塩ですね。
「雪塩」(だったと思う)というこだわった塩を使っていて、その目の細かさが片栗粉か小麦粉のような、粉状だったのに驚きました。
それと、スープにさっと溶けて味の偏りもなく、角も少なかったように思えたので、塩味が増えただけでなく、まろやかさも追加されたような気がしましたね。
なかなか、良いスープでした。


トッピングは、ノーマルで。
豚のレアチャーシュー、半味玉、ネギ、わかめ、あらびきの胡椒(?)、味変えのレモンがついてきます。
レアチャーシューは下味がしっかりなされているのか、単体でもなかなか美味しかったです。
半味玉は、醤油漬けとは全然違って、かなり甘めの味付けでした。
そこは『一燈』さんの味玉に似ていたので、僕は気に入りましたね。
レモンは、スープがクリーミーだからか、全部絞っても思ったより、レモンレモンしてこなかったですね。
本当に、些細な酸味と香り、といった感じです。
どの具材も手が入っていて、味変えも考えられていて良かったです。


昨日、土曜日の開店11時30分の5分前に並び、前客が10人で20分くらいは店前で待ちました。
雪が降っていたので、並びは少ないと思っていましたが、甘かったようです。
ラーメンだから、この並びですが、つけ麺の日は昼は15人前後、夜は20~30人並ぶこともざらなので、かなり早く入れたほうかと思います。
亭主の方針からか分かりませんが、調理は基本一人でするようなので、一回の調理で2人前ずつ提供で、店内に入ってからも15分くらい待ちましたね。
回転は決して良いとは言えない印象ですので、基本的に20分以上は待つと思っていたほうが無難かと思います。
つけ麺の日は最低45分は待つと思っておいてください。
それ以上早く、店内に入れた記憶がないので(汗)


総合して、美味しいラーメンでした。
イメージとして、こってりとあっさりの中間くらいで、ラーメンは普段食べない分だけ楽しめました。
亀有にお立ち寄りの際は是非是非、お試しくださいなー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 3  ★★★☆☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆


~雑談~
つけ麺が食べたいと思っていったので、ちょっとショックでしたねぇ。
ここのつけ麺は、つけ麺好きの僕が私的に思う「東京一うまい濃厚つけ麺」のお店です。
今まで、『つけ麺 道』さん以上の完成度のつけ麺は食べたことないと、そう思えるくらい、抜群の濃厚さ。
もちろんこってりの部類には入りますが、『無鉄砲 無極』さんのような豚骨オンリーのすごく重たいコッテリさではなく、パンチがあるのに、そのパンチを出すための食材の雑味がほとんどない、という印象。
とんこつ臭さや、魚介の渋み苦味などがほとんどなく、初めて食べた時は「繊細なのに大胆」とアホな感想を抱きました。
お店の方も自信があるのでしょう、トッピングなし(ネギと、今日の薬味のみ)の麺とスープだけを「素つけ麺」という名で提供しています。
それに、結構お値段もリーズナブルなのです。
「素つけ麺」の並盛り(200g)だと、ワンコインの500円で食べられてしまうという不思議。
『とみ田』さんや、『一燈』さんも美味しいのですが、味だけの評価で言うなら、『つけ麺 道』さんは群を抜いて美味しいです。
それに、通販はやっていませんが、店ではお土産つけ麺の販売もやっておりますので、こういうラーメンのみ営業の日でも美味しいつけ麺が食べられるのは言うことなしです。
というわけで、ラーメンじゃ物足りないので、お土産つけ麺も買いました!!
次回、まあ、来週になりますが、その時はお土産つけ麺の調理記事になると思います。
しかし、お土産は買えましたが、やっぱりお店で食べたかったですねー(泣)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

つけタク

Author:つけタク
「つけタク」といいます!!

つけ麺好きの中年ですwwww

美味しいつけ麺を求め、関東近辺をフラフラしています。

好みはスタンダードな魚介豚骨、麺極太です!!

お気に入りのお店、新小岩『一燈』、野方『無鉄砲 無極』、中野『麺匠 ようすけ』です。

以後、お見知りおきを~!!

ブログの概略は、食べたつけ麺の紹介、お土産や市販つけ麺の料理、とにかくつけ麺に関すること全般です。

※2014年4月からラーメン店で働くことになりました。色々と経験できたらいいなと思います。

注)評価の星は、本当に主観的な点数ですので、鵜呑みにせず参考程度に、よろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。