スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の金曜日作った『無鉄砲 無極』のお土産つけ麺。

前回の記事で野方にある『無鉄砲 無極』さんにお邪魔した時に、お土産として購入したつけ麺を調理します。
一人前、麺300グラムで800円です。
お店で食べるのと値段は変わらないですが、麺は中盛りサイズになっておりますので、小食の方なら一人前300グラムの麺量で二人は食べられるでしょうね。
通販もやっているみたいなので、遠くの方はそういう手を使ってみても良いでしょう。

PC130269_convert_20131217205148.jpg

ちょっとブレていますが、作り方説明書です。
必要な調理器具、麺のゆで時間や、つけ汁の湯銭時間等、細かく書かれています。
初心者でも簡単にお店の味が作れるようになっています。
トッピングの一つ、海苔をつけてくれます。

PC130270_convert_20131217205215.jpg

そして、麺です。
こちらはお店のほうで包んでくれる、生麺です。
ずっしりと重たいですね、300グラムとは思えないほどです。
麺幅は見てわかるとおり、かなり太麺です、食べごたえありました。

PC130271_convert_20131217205242.jpg

こちらは、つけ汁になります。
香辛料のぶつぶつが見えますね。
お店で渡されるときは、冷凍された真空パックです。
味は、お店で食べるのと変わらず、どろっどろです。
作り方としては、一度湯煎して、その後に中身を鍋に移し温めます。
お店のよっては湯銭だけのところもあるのですが、臭みを飛ばしたいので、僕は必ず鍋に移します。
この段階では塩コショウだけしか、味はついていません。

PC130276_convert_20131217205340.jpg

臭み消しの柚子と、味の元になるタレです。
つけ汁が出汁だけのお土産つけ麺は珍しく、自分の好みでタレを入れて塩っ辛さを調節できるのがグッドですね。
本来はこれに青ネギがついてくるのですが、店で切ってあるものをその場で包んでくれるので、日持ちしないということもあり、今回はお断りしました。

PC130274_convert_20131217205310.jpg

つけ汁の具になります。
角切りチャーシューにメンマが入った冷凍真空パックになりますね。
肉質はやわらかくジューシーで、単体でも十分美味しいです。
他のお店のお土産つけ麺は、具はつけ汁に入った状態で冷凍してあり小分けしていないことが多く、つけ汁の温め時間によっては肉の風味が落ちたりしてしまいます。
でも、『無極』さんは小分けしてあるので、つけ汁の温め時間で肉質が変わったりすることがなく、炙ってる香ばしさも残っていて、そういう配慮にこだわりを感じますね。

PC130286_convert_20131217205439.jpg

鍋に移したつけ汁に具や柚子、少量のタレ、自宅で切ったネギを入れて、温めました。
すっごいドロドロ感が写真でも分かるでしょうか。
コラーゲンの塊といった感じですね、見ているだけでお腹が減ってきます。

PC130282_convert_20131217205411.jpg

今回の手作りトッピングは豚バラの炙り焼きです。
前日から薄切りにした豚ばら肉を、塩、しょうが、にんにく、コーヒーフレッシュに付け込んであります。
コーヒーフレッシュは肉質を柔らかくするためです。
出来はチャーシューというより、サムギョプサルでしたね(笑)
『無極』さんのトッピングをまねた感じです。
これに味玉もつけました。

PC130294_convert_20131217205509.jpg

じゃーん、完成品です!
今回はきれいに写真が撮れて良かったです。
ライスはつけ汁で雑炊風にしました、満腹です。
家族には喜ばれましたが、こってりだったので途中で満腹感が襲って、お腹が一杯で動けないといわれました。
麺量がたいしたことなくても、つけ汁のこってりによっては満腹感が強いようです。
総じて満足でした!!



~番外編~
かっぷ_convert_20131217205537

ちょっと前にローソンで発売になっていた、『無鉄砲』さんのカップラーメンです。
地元のローソンは全滅、弟がたまたま見つけたものを買ってきてくれたので早速食べました。
麺はよくある平打ち目のくたくたインスタント麺、味はこってり目のとろとろしたスープにあえて豚骨の癖を出した感じでしたね。
なかなか、美味しかったですが、やはりお店で食べるのとは比べ物になりません。
また、お店でラーメンを食べたくなりました。


~雑談~
いやー、お店の味を自宅で食べられるのはとても、嬉しいです。
美味しいものは、みんなで食べたいものですから。
今までお土産つけ麺は、『六厘舎(半生麺)』、『TETSU』、『とみ田』、『道』と食べてきましたが、総じて作り方は同じようなものでして、生麺に冷凍真空パックつけ汁になります。
どのお土産も、お店の味とほとんど変わらない感じです(『六厘舎』さんはちょっとばかし趣向が違うので、作り方も味も似てないのですが)。
変わるとしたら風味が落ちる(お店だと魚粉が入る)のと、トッピングの質が変わる(つけ汁に入れっぱなし)といったところですね。
お土産の場合は待たずに買えるところがほとんどでして、時間がないときほどありがたいです。
まだ食べたことないお土産つけ麺だと、『風雲児』さんとかもあるので、食べ比べてみたいですね。

『無鉄砲』さんのホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

つけタク

Author:つけタク
「つけタク」といいます!!

つけ麺好きの中年ですwwww

美味しいつけ麺を求め、関東近辺をフラフラしています。

好みはスタンダードな魚介豚骨、麺極太です!!

お気に入りのお店、新小岩『一燈』、野方『無鉄砲 無極』、中野『麺匠 ようすけ』です。

以後、お見知りおきを~!!

ブログの概略は、食べたつけ麺の紹介、お土産や市販つけ麺の料理、とにかくつけ麺に関すること全般です。

※2014年4月からラーメン店で働くことになりました。色々と経験できたらいいなと思います。

注)評価の星は、本当に主観的な点数ですので、鵜呑みにせず参考程度に、よろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。