スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つけ麺の不思議 『麺量と満腹感②』

さてさて、前回の『麺量と満腹感①』からの続きです。

軽くおさらいしておきましょう。

つけ麺並盛りはラーメン大盛りくらいの麺量がある。

麺は茹で後の量で……。
つけ麺並盛り(340~400g)≒牛丼並盛り(約370g)≒ハンバーガー三個分(一個約108g、三個約324g)

つけ麺中盛り(510~600g)≒牛丼特盛り(約520g)≒ハンバーガー五個分(約540g)

つけ麺大盛り(680~800g)≒牛丼並盛り二杯分(約740g)≒ハンバーガー七個分(約756g)

と考察しました。

あくまでも量だけで、米・麺・パンで消化の具合や水分の吸収率で満腹感が変わってきますので、参考までに。



上記を見ていただければ、並盛りから中盛り、中盛りから大盛りにすることのハードルの高さが伺えます。

では、量を調節するにはどうしたらいいのか?

大仰に引っ張ってきましたが、簡単に言ってしまうと、『トッピング』を付けることです。

ラーメンと違って麺の比率が多いつけ麺は、軽々と麺量を並盛りから中盛りが選べないのが難点。

「並盛りで物足りないけど、中盛りは多そうだ」と、いう方には、『味玉』を付けることをおすすめします。

味玉の重さは、「Mの卵が一個、約58~64g」です

この量の刻みは意外と重要で、多すぎるということもないし、無理すれば食べられる程度の量の追加となりますので調整ができます。

注文方法は……。

並盛り味玉並盛り中盛り味玉中盛り大盛り味玉大盛りの刻みで、物足りなかったら段階を上げて食べていくと、失敗しないでしょう。

もちろん、「俺は大食漢から関係ないね」という人は、はじめから大盛りを頼んでも大丈夫ですし、二郎小ラーメンが食べられる人なら、つけ麺大盛りも普通に食べられると思います。


「私、並盛りでも多いかも……」という女性の方、安心してください。


最近では、『小盛り』『女盛り』という表記で、「茹で前150~180g(茹で後約280~300g)」と、普通の「ラーメン一杯分の麺量」を出してくれます。

この、『小盛り』にすると、半トッピング(半味玉、半メンマ等)が付くサービスや、食後にデザートを付けてくれるお店もありまして、女性にとっては嬉しいサービスですね。

表記がなくてもお店の方に「麺少なめで」と言えば、大体は少なくしてもらえます。


というわけで、自身が食べられる量がわからない人、つけ麺を食べ慣れていない人は、『味玉で量を調整する』ことを心がけてください。

でないと、食べ過ぎでお腹を壊すこともありえます(経験済み)。


次回は、「麺量が例外的な有名店の紹介」と「手盛りに怖さ」を、体験談を踏まえ、『麺量と満腹感③』で、お話したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

つけタク

Author:つけタク
「つけタク」といいます!!

つけ麺好きの中年ですwwww

美味しいつけ麺を求め、関東近辺をフラフラしています。

好みはスタンダードな魚介豚骨、麺極太です!!

お気に入りのお店、新小岩『一燈』、野方『無鉄砲 無極』、中野『麺匠 ようすけ』です。

以後、お見知りおきを~!!

ブログの概略は、食べたつけ麺の紹介、お土産や市販つけ麺の料理、とにかくつけ麺に関すること全般です。

※2014年4月からラーメン店で働くことになりました。色々と経験できたらいいなと思います。

注)評価の星は、本当に主観的な点数ですので、鵜呑みにせず参考程度に、よろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。