スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九十二号、後楽園にある『自家製麺 MENSHO TOKYO』

麺庄東京
↑クリック推奨

店名、『自家製麺 MENSHO TOKYO』
場所、後楽園駅
品名、つけ麺


は、もちもち系の太麺。
みずみずしくツヤもあり、鮮度を感じさせる美味い自家製麺

つけ汁は、ラムと豚骨を合わせた濃厚系
スパイスを多く使っているのかラムの癖はほぼ皆無、その代りカレーっぽい香りが強い。
甘酸っぱいような味もした、甘さはグッド。
ラムの食べたことのない独特の旨みが口の中一杯に広がり、その濃厚さには驚いた。
旨みも強いが塩気が強いわけではないし、油分的なしつこさはない。
面白い創作系つけ麺でした。

トッピングは、麺上の豚チャーシュー、穂先メンマ、ラムのレアチャーシュー(細切れ)。
つけ汁具はちょっと度忘れ。
特別すごいものはないが、ラムのレアチャーシューは若干の臭みはあるものの癖になってしまえば美味い
見本写真とは違い、ラムレアチャーシューが一枚乗っていなかったのは残念だったかな。
今度はラムレアチャーシューを食べてみたいですね。


感想
庄野グループっぽい創作つけ麺、堪能しました。
個人的にはとても美味しくいただきましたが、友人に勧めるとなると結構ハードルが高いと思いました。
「ラム」と聞いた時点でその独特の臭みを想像してしまう人が多そうです。
正直好みは分かれますが、こういう勝負をする店は好きなので再訪ありです!!

『自家製麺 MENSHO TOKYO』さんのホームページ
スポンサーサイト

第九十一号、鶴見にある『らー麺土俵 鶴嶺峰(かくれいほう)』

かくれいほう 特製中盛り ちゃんこ飯 眠りチャーシュー_convert_20140921213219
↑クリック推奨

店名『らー麺土俵 鶴嶺峰』
場所、京急鶴見駅
品名、特製つけ麺小結(350g)、ちゃんこ飯、眠りチャーシュー


は、中太から太麺くらいのぷつんぷつんと歯ごたえが美味しいタイプ。
くり山さんからの発注ということで、自家製麺を使用。
麺量も扱いとして中盛りくらいなのだけど、350gと多めで食べごたえあり。

つけ汁は、濃厚豚骨魚介系ですが、野菜の旨みが良く出ていて鍋スープのような印象。
甘みもあり、万人受けしやすいタイプだと思います。
元力士の方が店主ということで、ちゃんこ鍋のスープのようですね。
若干、サトイモ?の粉っぽさや大根やニンジン等の野菜を良く煮込んでいるからか、ざらつきはありますが、これが良い粘度ですね。
麺との相性は良かったです、美味い。

トッピングは、麺上が豚しゃぶ、ホウレンソウの胡麻和え、もち巾着、味玉、海苔。
つけ汁の方はちょっとド忘れましたが、麩とネギ、鶏団子は入っていたと思います。
本当に構成がちゃんこ鍋ですね。
どれも手が込んでいて美味しかったですね。
特にチャーシューというのはついてこないのですが、こちら「眠りチャーシュー」という名前で出しております。
何やらタレに一週間漬け込んで熟成させるという手法、柔らかくトロットロッでこれはかなり美味。
ちゃんこ飯は、そのままちゃんこの具材で炊き込みご飯の様相、普通に美味い、まずい筈がない。


感想
ボリューム満点でした(笑)
実際はこれ、チャーシューとちゃんこ飯は友人と半分ずつにしましたが、それでもおなかいっぱいでしたね。
こういうところはさすが元力士のお店だと思いました。

第九十号、白楽にある『くり山』

くり山 大盛りつけ麺 味玉 半チャーシュー_convert_20140905235131
↑クリック推奨

店名、『くり山』
場所、白楽(神奈川県)
品名、つけ麺(大盛り450g)、半チャーシュー、味玉


は、中太の自家製麺。つやっつやで見ただけで職力をそそる。
コシもぷづんぷづんと、とても美味い麺で食べごたえあり。

つけ汁は、魚介豚骨? とにかく複合系。
粘度は中度くらい、麺に良く絡む。
昼と夜で濃度が違うようで、昼はもう少し魚介強めのシャバシャバだそう(友人談)
六厘舎に似ているところがある。

トッピングは、麺上に味玉、つけ汁具にサイコロ状のチャーシューと、大きく食べごたえのある一枚チャーシューがメイン。
意外と肉が多くて嬉しかったですね。
ネギは輪切りではなく、みじん切り?っぽく触感が美味し。


感想

意外とあっさり食べられました。
自家製麺ということで麺のツヤとコシは本当に美味かったです。
麺を食べさせる構成なので夜の濃厚つけ汁でも、それほど強くは感じませんでした。
『くり山』さんは、2014年のつけ麺博参加店に選ばれましたので、白楽まで行くのはちょっと……という人には、是非是非つけ麺博で食べてみてください。

第八十九号、錦糸町にある『麺屋 佐市』

麺屋 佐市 牡蠣ラーメン_convert_20140902222135
↑クリック推奨

今回から書き方をちょっと軽くします。
ちょっと食べに行ったのが前なので、うろ覚えなところは抜かして、気になった部分を中心に書いていきます。

店名、『麺屋 佐市』
場所、錦糸町(ちょっと裏手)
品名、牡蠣ラーメン(大盛り)、ランチタサービスのご飯



はラーメンにしては太麺、さぬきうどんに近い噛みごたえと断面四角いイメージ。

スープ牡蠣の旨みが濃縮されたクリーミーなものだけど、臭みは少なく、他の動物系のスープとの合わせと予想。
無化調を売りにしており、さっぱりとした口当たりと旨みがサッと舌の上から引く感じは軽く感じます。

トッピングには牡蠣が使われているが、通常の豚チャーシューと入れ替えることもできるので、そこは良い点かな。
海苔が特に相性が良く、磯の香りが強くなって牡蠣の臭みも消してくれる模様、良く考えられています。


感想
思ったより生臭くなく、さっぱりと食べられました。
太麺の食べごたえ、スープにライスの組み合わせとボリューム感はあります。
麺に関しては『肉そば おとど』さんと似ていましたね。
牡蠣を使うという面白い試み、当たりです。
とても美味しい一品でした、ご馳走様です。

更新。

前回のコイケヤコラボイベント、『まぜまぜムタヒロ』さんを加えて更新しました!!
最新記事
プロフィール

つけタク

Author:つけタク
「つけタク」といいます!!

つけ麺好きの中年ですwwww

美味しいつけ麺を求め、関東近辺をフラフラしています。

好みはスタンダードな魚介豚骨、麺極太です!!

お気に入りのお店、新小岩『一燈』、野方『無鉄砲 無極』、中野『麺匠 ようすけ』です。

以後、お見知りおきを~!!

ブログの概略は、食べたつけ麺の紹介、お土産や市販つけ麺の料理、とにかくつけ麺に関すること全般です。

※2014年4月からラーメン店で働くことになりました。色々と経験できたらいいなと思います。

注)評価の星は、本当に主観的な点数ですので、鵜呑みにせず参考程度に、よろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。