スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パスタでラーメン!!」を作ってみたよ。

さてさて、前回の「パスタで油そば!!」を作ってみたよ、での失敗をあげます。
何かわからない人は、前回の記事を見てください。

反省「麺のぬめりを取ろうと水で洗ったら、中華麺の香りが減退し、パスタに戻った」

それを踏まえて、今回は水洗いしなくてもよいラーメンに挑戦です!!
もろもろの仕込みを。

鰹節油_convert_20140329122652

まずは前回作った鶏油に鰹節の魚粉を混ぜで「鰹節油」風にしました。
拾ってきたレシピは、鰹節をレンジでチン→パリパリになるので手で砕く→粉々の魚粉になる!! というもの。
しかし、鰹節が少ないのと、基本的には鰹節自体を香味油で揚げてじっくり香りと味を移す工程を端折ったので、どうも今一つでした。
今度は、揚げるほうに挑戦したいです。

出汁_convert_20140329122629

二枚目は、「白湯」風スープです。
ちょっと前に、おうち麺レシピの本のレビューを見て(本は買ってません)、コーヒーフレッシュを入れるとまろやかになるっていうのを見ていたので、挑戦してみました。
材料は、コンソメスープの素、コーヒーフレッシュ、ゴマ油で、基礎は完了。
んー、何スープと聞かれると、コンソメ自体が牛と野菜のスープなので牛白湯系になるのでしょうか、よくわからないですね。
なんでも、乳化(水と油を結合させる)のつなぎとしてコーヒーフレッシュ、それでコンソメスープとごま油を合体させているようで、かき混ぜて煮たら浮いているゴマ油分がなくなりました。
例えば出汁を鶏ガラスープにしたら、鶏白湯風になるのかもしれません。
可能性は無限大ですね。
濃度のうっすいスープで味気なかったので+煮干しを使うことに!
水出しの煮干し汁を加え、煮干しも手作業で粉砕できるレベルまで撹拌(フードプロセッサーがないので、レンチンで乾燥させ、麺棒でたたきました)してスープにイン。
端っこのほうに黒い粒が浮いていると思いますが、それです。
少しばかり煮干しの苦みが出ましたが、いい雑味感でした。
スーパーで売っている生めんスープくらいの美味しさで、おうち麺としては十分満足できるかと思います。

チャーシュー_convert_20140329122714

こちらはもう慣れっこ、鶏レアチャーシューですね。
自宅制作でなおかつ、おなか壊しやすい家族がいるので、火入れは長めで。
ラーメンに合わせるように、塩コショウを薄味にしました。

写真はないのですが、巷で噂のキッコーマンの「生醤油」を使って返しづくりをしました。
あれ、火入れするとすごい香り立ちますし、うまみも増えて、ちょっと驚くほどでした。
醤油一つでここまで変わるとは、香味油と同様、侮れないですね。

スープ_convert_20140329122744

とりあえず、スープの画像です!!
なんかお店っぽくて、興奮しました(笑)
全般的に大したことをしているわけではないのに、この完成度。
やったかいがあったというものです、はい。

完成品_convert_20140329122607

じゃーん、完成図です。
麺太い、というか、微妙にここから見てもパスタっぽい。
トッピングは、鶏レアチャーシュー、ホウレンソウ、玉ねぎ、とシンプルに。
ではでは、実食です。


もぐ! もぐ、もぐもぐもぐ……。
(うぉー、お、惜しい感じがする。前よりは断然近い触感と風味、良い感じか?)

もぐもぐ、もぐ? もぐもぐ、もぐもぐ……。
(う、ん? あれ、食べていくうちにパスタに)


ここで、考察してみました。
スープに入れる系のラーメンは麺を洗わない分、香りと触感が生きています。
しかし、麺にスープがしみこむと同時に、重層の入った水がしみ出し、パスタに戻っていく。
食べ始めは大分いい感じでした。
パスタのような太麺じゃなくて、細麺の冷麦でやると、細麺でスープにもあうラーメンになるかと思います。
例えば、安価なパスタに飽きたら、この方法を使って、麺つゆでざるラーメンとか、濃縮スープのみを使用してラーメンとか、あと焼きそばとか、かなりありです。
パスタ自身のゆで時間は7分でしたが、つけ麺にする場合は8分と1分は延ばしたほうがいいでしょうね。
水で占めると、途端に硬くなり、芯が残りますので。


結論『大変惜しい! が、中華麺ではない!! あと一歩及ばず』


スープやトッピング自体は悪くなかったです、それなりに美味しかった。
今回は初めてづくしだったので、てんやわんやしてしまったところもありましたが、ほとんどが勉強になりましたね。
パスタで中華麺は、ありですし、麺にこだわらない方なら、むしろ簡単で良い方法かと思います。
家にパスタと重層がある方、是非是非自身の舌でお試しくださいなー。


どうでもいい話ですが、「南極料理人」という映画を思い出してしまいました(笑)
面白い映画なので是非、ラーメンについても語っていますよ。
スポンサーサイト

「パスタで油そば!!」を作ってみたよ。

つけ麺に関して調べていたら、「パスタが中華麺になる!?」という記事を発見。
「これはやらねばだ!!」と、検証を含め作ってみました。
はたして、本当に中華麺になるのか……。
まずはもろもろの準備をします。

取り出し_convert_20140329122409

せっかくだから、ちょっとやったことないことを、と思い、「鶏油」を作ってみました!!
いやー、初めてだったので、「鶏皮を、ただ弱火で焼く」だけでも緊張しましたよー(笑)
どっかから拾ってきたレシピだと、「弱火で10分」らしかったのですが、どうも出がいまいちで、その後も20分くらい油出しをしていました(火が弱すぎたのかな)。
350g前後の鶏皮150円で、この量です、コスパは悪くない。
香りがいいですね、鶏特有の甘い香りがします。

重層入りお湯_convert_20140329122430

さてさて、本題の麺湯で。
どうすれば中華麺になるのか、それは「沸騰したお湯に、重層を入れてゆでる」そうです。
「なんでなん?」と、思いますが、なんでも沸騰したお湯に重層を入れると化学変化で、かん水と同じ成分になるとかならないとか? うーん、よくわかりませんでした。
重層を入れてゆでていくうちに、こうモコモコと泡が立ち始めます。
それも結構な量で、泡だけにあわてました(笑)

パスタで油そば_convert_20140329122347

いきなり完成図です!!
どう見てもパスタですねってなりました。
トッピングは、脂が出きった鶏皮をタレで絡めたもの、ポーチドエッグ、ネギ、ホウレンソウ、鰹節です。
もちろん、鶏油も入れました。
ではでは、実食!!

もぐもぐ、もぐもぐもぐ……。

ん? それっぽいけど、パスタ???
パスタと中華麺の間といった感じでした。
考察してみた結果。
「香り、触感は近づく」
けれど、なんか物足りない感じになりました。
後は、重層のお湯でパスタをゆでると、麺がヌメヌメするというか、べとつくので水で軽く洗った後、お湯で温めなおしたら、中華麺の香りが減退、パスタに近づきました。


結論「中華麺っぽくはなるが、中華麺ではない!!」

当たり前です(笑)
しかし、「なんか悔しいぞ!!」となったので、中華麺ぽさが亡くなった原因、「水で軽く洗った後、お湯で温めなおす」ことをしないラーメンならどうだろう、とラーメンも制作しました。
それは、この後の記事で。

油そばとしては、かなり美味しかったです。
今まで作ったものとの違いは、鶏油でしたね。
香味油もバカにはできません。
それを実感できただけでも、今回収穫があったように思えます。

第四十三号、小岩にある『豚骨一燈』(二回目)

豚骨一燈 濃厚魚介ラーメン_convert_20140329115039
↑クリック推奨

昨日お邪魔してきました、小岩にある『豚骨一燈』(二回目)さんです!!
同じ店舗で二回目のレビューは初めてかもしれないです(違かったら、ごめんなさい)。
前回はこちらでつけ麺(レビュー)を食べました。
今回は、同行者がつけ麺だったので、僕は半熟味玉濃厚魚介ラーメン850円を大盛り(250g、+100円)で食べてきました。
いつも通り、ラーメンなのでレビューは軽めで。


麺は、ラーメンにしては太麺のストレート。
汁の濃厚さで、全粒粉かどうかの判断はつきにくかったです。
コシは結構ありまして、それでもつけ麺のぶちんぶちんと歯切れる感じよりは軽めですが、食べごたえは十分。
あまり、ずるずるすすれませんでしたが、濃厚なスープに相性の良い麺でしょう。


スープは、動物系と節類の合わせ。
濃厚とうたっていますが、魚介が強い印象もありますし、節類独特の香りも持っています。
煮干しも感じられますし、この複雑な香りは他の店では味わえないですね。
ラーメンなので無論、つけ麺よりはしょっぱくなく、前回と同じような印象としてマイルドに感じました。
魚介が良くきいているので、こってりということもなく、濃厚ではありますが食べやすかったです。
良いスープでした。


トッピングは、豚ロールチャーシュー、メンマ、味玉、ネギ、海苔。
チャーシューは、赤みはやや肉感強めの固め、脂身もしっかりとしているタイプ。
ホロホロ崩れる感じではなく、しっかりとした肉感を感じます、普通に美味しい。
味玉は『一燈』さんと同じような甘めの味付け、これは前回のつけ麺レビューと同じ。
他のトッピングもそこそこ、普通に美味しかったです。


平日の11時20分頃来店、待ちなしで着席。
今回はテーブル席に案内されましたが、一応机椅子等は四人掛けを想定していましたが、ちょっと窮屈でした。
品がくるまで、今回はラーメンを選択したので一番に届きましたね。
普段つけ麺注文で、ゆで時間分を待たされる印象なので、とても早く感じました。
食べ終わるまでにも、2、3人来店していたようです。
11時~11時30分くらいまでは、スムーズに来店できると思います。


ラーメンも美味しかったです。
個人的はつけ麺を推しますが、時間がないときや、もっと軽めに食べたい方にはおすすめいたします。
小岩付近にお立ち寄りの際は、是非是非お試し下しませー。


麺の極太さ 4  ★★★★☆
汁の濃厚さ 4  ★★★★☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆


~雑談~
んー、なんか前回と違ってチャーシューの種類が変わっていたような気がしました。
つけ麺の方のつけ汁を見ていると、中に入っているのは豚ロールチャーシューとこちらも違っていて、僕が前回食べた豚の三枚肉でもっとトロトロしていたような……。
もしかして、増税を見越して? とか勝手な想像を膨らませたりしました(笑)
地元からも近いので、またつけ麺に行きたいですねー。

『豚骨一燈』さんのホームページ
※『一燈』さんのホームページですが、『豚骨一燈』さんの情報も載っています。

第四十二号、新橋にある『月と鼈』

月と鼈 味玉つけ麺大_convert_20140329050233
↑クリック推奨

前々から行きたいと思っていたお店、新橋の『月と鼈』さんにお邪魔してきました。
濃厚な煮干しつけ麺が売りのお店で、小岩にはこちらの姉妹店『鼈』さんがありますね。
あまり煮干し系推し推しのつけ麺は食べたことなかったので、楽しみに行ってまいりました。
今回は、濃厚煮干しつけ麺大盛り780円(大盛りまで同料金、360g)を味玉付(+100円)で食べてきました。
いろいろ調べてみましたが、今年に入ってから麺特盛りを100円値上げしたみたいですね。
古めのレビュー確認でのご来店の際は、ご注意ください。


麺は、やや褐色の太麺ストレート。
太麺で、ブツンと結構な噛みごたえながら、つるつるの表面で、するする入っていく珍しいタイプ。
ここは、製麺所は「カネジン食品」さんからで、亀有の『つけ麺 道』さんや、高砂の『麺心 國もと』さん、武蔵系列店のお店でも使っているようです。
出会う麺の特徴として、黄色の極太麺で食べごたえ抜群、胃に重たいという印象が強く、『月と鼈』さんでも、その食べごたえを実感できました。
僕は「カネジン食品」さんの麺は好きなので、気に入りました。


つけ汁は、濃厚煮干し!!のドロドロ。そのまんまですが(笑)
豚骨とかの動物系も合わせて使われているかと思いますが、まず一番初めに来るのが煮干し。
特に、つけ汁の中の黒くゆらゆらしているソース(?)が、濃厚な煮干しダレでして、煮干しの佃煮、おせち料理の田作りを食べているような気分になりました。
このタレ、煮干しを撹拌? 粉砕? しているのか、舌にのった時にざらつきがあるような気がしまして、雑味感はあり。
これをどう見るかによって好き嫌いは分かれそうです。
僕は少し喉がイガイガしてしまったので、微妙に相性が良くないのかもしれません。
この手のタレを使っているお店だと、銀座の『朧月』さんが挙げられますね。
味は抜群な濃厚煮干し、美味しかったです。


トッピングは味玉のみなので軽めで。
麺上はなし。
つけ汁具は、サイコロ状の豚チャーシュー、味玉、ネギ、玉ねぎ、メンマ、といった様相。
煮干しには玉ねぎが定番みたいですね、臭みけしでしょうか。
どれも普通に美味しかったのですが、気になる点が一つ。
こちらのお店、器を温めるのに蒸し器(?)を使っているようなのですが、その蒸し器に、味玉が入った容器を置いていたんですね。
味玉をやや温める、麺湯で機でさっと火を通すところは多いので、温めるのは分かります(サルモネラ菌が繁殖しやすい卵の表面を熱消毒するためかと、勝手に想像)。
でも、その容器が長い間ずっと蒸し器上に置いてあるような気がしたので、それが原因かどうか、確信はありませんが、卵の黄身の半熟具合が二段になってました。
白身、硬めの黄身、半熟の黄身、と、きっちりめに境界線がついてました。
余分な火が入る過ぎているのかも……、本来がトロットロッの半熟ならもったいないと思いました。
でも、それは僕の勝手な妄想と早とちりで、こちらのお店はやや硬めの味玉で提供しているのかもしれません。
注文を受けてから、その蒸し器の上の容器に味玉を入れた可能性もありますし。
でも、ちょっと気になったことでした。


平日の14時頃にお邪魔しまして、中5人程度、待ちなしで着席。
カウンターのみの15席ちょいと、やや多め。
太麺なので若干ゆで時間がありますが、品が届くまでそれほど待った気はしませんでした。
僕が食べ終わるまでに、あと2人ほど来店していたように思います。
ちょっと前に、12時頃、店の前を通り過ぎたら行列ができていました。
新橋というオフィス街的な立地ですから、お昼時はかなり混みそうです。


煮干しが美味しい!! つけ麺のお店です。
女性より男性向けな気はしますが、中華そばのあっさりもあるようなので、そちらも美味しそうです。
サラリーマンで状列のできるお店ですが、新橋にお立ち寄りの際は是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 4  ★★★★☆
汁の濃厚さ 4  ★★★★☆
具の鮮麗さ 2  ★★☆☆☆


~雑談~
久しぶりの、こうがっつり来る濃厚なつけ麺でした。
濃厚魚介豚骨として、煮干しを多少使っているお店ならいっぱいあるのですが、ここまで推しの店は初めてでした。
煮干しと言えば、『凪』さんも有名ですが、そこも行きたいですねぇ。
煮干しの旨みに脱帽です。

第四十一号、神保町にある『麺屋 中川會 神』

麺屋 中川會 神 つけ麺大盛り_convert_20140323102444
↑クリック推奨

先日お邪魔しました、神保町にお店を構える『麺屋 神 中川會』さんです。
こちらの本店は以前レビューしました、本店『麺屋 中川會』さんと、2号店『麺屋 頂 中川會』さん、そしてこちらが3号店になりますね。現在、勢いのあるお店です。
今回は、濃厚魚介つけ麺750円を麺増し中盛り(+100円、330g)で食べてきました。


麺は、中太のストレートで、断面は長方形っぽい(?)、引き締まってはいてモチッと噛んだ時に小気味よい麺。
製麺所のブランドは、もちもちの触感に定評のある「浅草開花桜」さんでしたね。
本店、2号店と違ってやや細麺な印象がありました。
触感はグッド、なかなか食べさせてくれるタイプで良かったです。


つけ汁は、濃厚系の鶏×牛のトロドロ系。
濃厚な旨みと粘度がありますし、塩味より魚介の甘さが立ちます。
どれかが、ずば抜けて突起しているわけでない分、お互いが引き立ちあってマイルドな印象。
なので、濃厚にはなりますが、かなり食べやすい感じはしました。
ただ、せっかくの牛出汁という部分が見えなかったのが残念でした。
いろいろ入れているからマイルドで食べやすい反面、個々の味が埋没してしまっている印象です。
僕の舌が鈍感ということもあるでしょうけどね(苦笑)
どちらかというと、鶏系の『麺屋 頂 中川會』さんのつけ麺とベースは変わらないよう気もしました。
総じて良いつけ汁でした。


トッピングは、今回は何も載せていないのでデフォルトになります。
麺上は海苔、まあ普通ですね。
つけ汁具は、沈んで見えないのも含め、柔らかくてホロホロな豚バラチャーシューが1枚、鶏団子が1個、メンマ、カイワレ、ネギ、ホウレンソウ(?)といった具合。
このホロホロ崩れる系の豚バラチャーシューは美味しいですね。
味付けはあっさりめで、つけ汁に合わせていくところも好印象。
鶏団子は軟骨も入っているようでこりこりとした触感がアクセントでした。
一応、全店舗「カレ変ライス」はやっておりますので、各店舗のつけ汁で楽しむのもありかと思います。


平日、開店11時30分から10分前に到着し、開店まで待機。
雨が降っていたので、ちょい外待ちはつらい感じでした。
開店は、僕が待っていたからか、若干(2、3分)早かったので、ここは好印象。
でも、時間がまだだっただけに、営業中の看板を掛けたときに「どうぞ」と、一声ほしかったなって思いました。
何も声をかけられずにいたので、入っていいか、入っちゃいけないのか、不安になりました(苦笑)
一番で着席、品が来るまで、太麺なのでややゆっくりな印象を受けましたが許容範囲。
カウンターのみの8席前後、食べ終わるまでに4人ほど入ってきましたので、昼時は混むかと思われます。


美味しいつけ麺でした。
マイルドで甘さもある分、しょっぱいのが苦手という人や、こってりはちょっと……という人にはもってこいです。
女性の方々にも食べやすい印象があります。
神保町には他にもお店が多いのですが、お立ち寄りの際は是非是非お試しくださいませー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 4  ★★★★☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆


~雑談~
これで、『麺屋 中川會』さんのグループは一通り食べたことになります。
味は美味しいのですが、どの店も総じて接客が今一つという印象です。
あまり言い過ぎる気はないのですが、スタッフが疲れているような印象を勝手に受けてしまいました。
人気がありそれなりに混雑するのに、スタッフの数が少ないからかもしれません。
「カレ変ライス」の変わり種が、作業にひと手間かかってしまうのも考えられます。
ちょこっと調べてみたのですが、どうも求人の募集方法が大手に頼まないでやっているといいますか、自社のホームページと食べログでの募集の、2つしかないのです。
それもかなり簡単な説明のみ、初めてバイトをやろうと考えている人は近づきにくいですよね。
もちろん店前にも張り紙はありましたが、それで人集まるんかなぁ、というのが正直なところ。
門戸を広くしたら、人気があり忙しいですから、それはそれですぐ辞めてしまう人も現れるでしょうが、下手な鉄砲数うちゃ当たる、まず地盤を築いていくことも大切でしょう。
とかとか、素人の上から目線と勝手な想像で申し訳ないです。
もしかしたら、全くそんなことはないのかもしれませんから、妄想豊かなのも困りものです(苦笑)
味を楽しむということだけなら、かなり良いお店ですし、個人的には『頂』さんは気に入っているので再訪ありですね!!

『麺屋 中川會』さんのホームページ

第四十号、青砥にある『麺屋 なごみ』

麺屋 なごみ 塩つけ麺大盛り_convert_20140323102539
↑クリック推奨

昨日の土曜日に伺いました、僕の地元の美味しいお店『麺屋 なごみ』さんです。
僕が食べ歩きを始めた初期のころに訪問し、つけ麺の美味しさを再認識したお店でもあります。
最近は外回りが多くなってきたため、あまりいけませんでしたが、久々に来訪しました。
今回は、塩つけ麺を大盛り(800円で400g)で食べてきました。
こちらは珍しく食券を採用していないお店でして、つけ麺に関していえば、700円で200g、そこから50円刻みで、750円で300g、800円で400gになっています。


麺は、中太から太麺のややウェーブがかかっているストレート系。
製麺所は「三河屋製麺」さんということで、つるつると入っていく印象はありました。
水分量も多めなのか、もちもちとした触感もありバランス型です。
香りとかっていうのは特別感じませんでしたが、食べやすいですね。


つけ汁は、鶏のシャバシャバ系、他の味はよくわかりませんでした。
甘さはほとんどなく、麺に絡むという粘度がない分、しょっぱめのつけ汁です。
油分が若干浮いており、あっさりになりすぎないように配慮しているものだと考えます。
しっぱめですが、出汁自体はマイルド系になりますね。
つけ汁の底を蓮華ですくうと、鶏で出汁を取った後のような軟骨、がらの破片などが入っており、ちゃんと出汁を取っている感が、満足度を引き上げてくれます。
総じて美味しいつけ汁でした。


トッピングは、ここでは少量が全部乗ってます。
それで足りなければ、個々でトッピングを増やしていくという感じ。
麺上は、味玉、穂先メンマ、小松菜、海苔。
味玉がすでに半分ついているのはうれしいですね。
穂先メンマは鶏系では定番のもので、普通に美味しい。
小松菜は、湯通ししただけなので、青々しい風味としゃきしゃきした歯ごたえが残っており、こってりのつけ汁を緩和し、箸休めでグッド。
つけ汁具は、短冊状の豚肩ロースチャーシューとネギ。
特に、ここのチャーシューは、良く煮込まれておりホロホロと崩れるタイプで美味。
総じて、それほど目立つ要素はありませんが、普通に美味しく食べられました。


土曜日の13時30分前後にお邪魔して、カウンターのみの10席でほぼ満席でしたが、待ちなしでの着席。
食券制ではなく、オーダー伺いなので、厨房はかなり忙しそうでしたね。
なので、品が出てくるのがやや遅かった気もしますが、おかみ(?)の「お待たせいたしました」の一声で気になりませんでした。
むしろ目の前でかなり忙しそうにしているのを見ていましたから、そういう気遣いだけで十分でした。
その後、満席となり、外待ちも1人入っては1人待ち、という具合でした。
前に行ったときは夜は結構混んでいる印象でしたが、昼前も時間帯によっては混みますし、行く人数によっては待つかもしれません。


地元に一軒あると重宝できる美味しいお店でした。
こちらはメニューにバリエーションがあり、醤油か塩で、あっさり系とこってり系のラーメン、あっさり系とこってり系のつけ麺、和えそば、といつ行っても食べ飽きないし、自身の体調に合わせて変えられるのはうれしい限りです。
皆様も青砥付近にお立ち寄りの際は、是非是非お試しくださいませー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 3  ★★★☆☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆


~雑談~
久々に地元回りでした。
行きたい店が多いと、近場は後回しになってしまうんですよねぇ、
行かない間に潰れていたりなんかしたら目も当てられない。
『麺屋 なごみ』さんは、近所のお客さんも結構入っていたりしてたみたいで、地元に根差したいいお店になってきたのだと思います。
地元民としてはうれしい限りです!!
今後は、もう少し地元回りもしたいなぁとか思いつつ、多分無理だろうなぁとも思っています。
美味しいお店が多すぎる!! 体が一つしかないのが悪い!!(笑)

第三十九号、目黒にある『づゅる麺 池田』

づゅる麺 池田 味玉つけ麺 大_convert_20140323092222
↑クリック推奨

先日お邪魔しました、目黒で長年親しまれているお店『づゅる麺 池田』さんにお邪魔してきました。
もう、目黒でお店を初めて八年になるそうです、ラーメン屋としては長いですよね。
他にも、『おおぜき中華そば』さんなど、この店で修行して独立された方も多いようです。
麺も自家製麺にこだわり、鶏と魚介の無化調スープが売りお店。
今回は味玉つけ麺900円を大盛り(375gを+50円)で食べてきました。


麺は太麺のストレート、断面は丸めでパスタのような噛みごたえ。
触感が美味しい麺ですが、小麦の風味もほのかに香ります。
旨みも、食べごたえもあり、美味しい麺でした。


つけ汁は、シャバトロ系の鶏魚介。
それほど粘度は高くなく、ややとろみといった感じ。
スタッフの方に言えば魚粉をもらえるようですが、今回はそのままの味で食べてきました。
麺が強い分を塩味で補っている印象で、それでもほっと落ち着くタイプです。
麺を食わせてくれるいいつけ汁でした。


トッピングは味玉のみなので、軽めのレビューで。
麺上は、味玉とレモン。
味玉はあっさりめのよく使っているもので美味。
レモンの味変は、後々麺に絡めて食べるとさっぱりしてグッド。
つけ汁具は鶏チャーシューの細切り、ゆでキャベツ、メンマ、ネギでした。
お願いすれば、ここに魚粉トッピングも可だそうです。
キャベツが面白かったですね。
二郎系のお店ならよくありますが、こうやって普通につけ麺のつけ汁に入っているところを見ると、触感と甘みでいい箸休めになりました。
ド派手な演出はないものの、どれも普通に美味しかったです。


日曜日の18時前後頃にお邪魔しました。
ぱっと見カウンターのみの10席ちょい、先客3人の待ちなしで着席。
麺が太麺なので、ゆで時間は若干かかりましたが、それほど待つこともなく、品が届きました。
食べ終わるまでに、3~4人来店で、7割方の席は埋まりましたね。
目黒で飲食店も多いので、ランチタイムはディナータイムなどは、少々混む印象です。


いいお店だと思います。
しょっぱめな印象ですが、濃厚ドロドロということもないのであっさりの部類、女性の方でも食べやすいかと。
他にも日々研究されていて、限定麺なども多くあり、食べ空き工夫が伺えますね。
目黒にお立ち寄りの際は是非是非お試しくださいませー。


麺の極太さ 4  ★★★★☆
汁の濃厚さ 3  ★★★☆☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆


~雑談~
この店に行く前に、ちょっと歩いていたら道に迷って、山手線の上野から目黒まで歩いてしまいまして、ちょっとヘロヘロで味のレビューが今一つです(苦笑)
ラーメンも美味しそうなんですよねぇ、『づゅる麺 池田』さん。
そういえば、目黒はあまり来たことがない地域でした。
これから開拓し甲斐がありますね。
行くとしたら、まずは『藤しろ』さんかと思います。
今から楽しみです!!

第三十八号、日暮里にある『麺や ひだまり』

麺や ひだまり 和塩つけ麺 味玉 大_convert_20140323092258
↑クリック推奨

先日お邪魔してきました、日暮里にある『麺や ひだまり』さんです。
看板のロゴマークに「塩」という文字を基調とした、塩主体のあっさり系鶏魚介のお店です。
下町の風情がある、よみせ通りという商店街にあります。
あっさり系は僕の分野ではないというか、あまり食べない系統だったのですが、近場まで来たので寄ってみた次第です。
今回は、味玉和塩つけ麺920円を大盛り+70円(ちょっと麺量聞き忘れましたが、多分300~330ぐらいかな?)で食べてきました。


麺は、平打ちのストレート、ムチムチと触感が小気味。
水分量は多めのようで、両面の水分でつるつる入っていく印象、かなりすすりやすい。
味としては、つけ汁があっさり目だからか、強すぎない、特別香りが立っているとかいうことはないが、つけ汁との相性は抜群。
うまい具合に協調していて、美味しかった。


つけ汁、あっさり鶏魚介のシャバシャバ系。
汁にも透明感があり、あっさりな感じが伺えるかと思います。
結構色々な薬味(?)が使われているようで、つけ汁具を先に言ってしまうと、
ネギと唐辛子(鷹の爪?)で辛み、柚子で香りと苦み、お酢系統(?)で酸味、と味覚のバリエーションが豊富で、かなり複雑な味です。
若干辛味が来ますが、食べ進めていくうちに、魚介の味がしみてくるというか舌になじんでくるというか、旨みが広がっていく感じで、かなり美味。
麺との相性も良く、最初は薄味かも? と思っていても、食べ終わる頃にはちょうどよく締められました。
かなり美味しいつけ汁でした。


トッピングは、味玉のみなので軽めで。
麺上は、味玉と刻みのり。
味玉の味付けが薄口しょうゆとかでしょうかね、ほんのりしおっけが付いている程度で素材の味が活かしていました。
つけ汁を壊さないようにっていう配慮も伺えます。
つけ汁具は、カイワレ、ネギ、唐辛子、ゆず、で、メンマと短冊切りにしたチャーシューが沈んでいます。
ここのチャーシューがかなりジューシーで、正直驚きました。
七輪で炙っているようでしたが、それだけではない気がします。
噛むほどにあふれ出る肉汁は、ただ煮込んで柔らかくしたとか、脂がぷるんぷるんだからとか、そういことではなく、赤みの部分から旨みがジュワーと広がるのです。
これは本当に美味です!!
何故チャーシュー増しを選ばなかったのか、後悔していまうほどでした。
トッピングはレベルの高いです、美味しい!!


日曜日の開店11時30分から、15分後くらいに来店。
待ちなし、先客は5名ほど。
店内は広めで二人用のテーブル席もちらほら見えました。
品も、そんなに長く待っている印象はありませんでした。
商店街で、日曜日ということもあって、人は多かったですね。
混むときはそれなりに混む印象、でも、外待ちほどはないだろうと予測します。


かなり美味しかった。
つけ汁自体も鮮麗されているし、トッピングもそれに合わせていく感じ。
出汁に合わせての麺の組み立てや素材の組み立てに、こだわりを持っていると感じました。
もちろん、あっさり系なので女性の方でも美味しく食べられると思います。
日暮里にお立ち寄りの際はお勧めいたします、是非是非お試しくださなー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 2  ★★☆☆☆
具の鮮麗さ 5  ★★★★★


~雑談~
美味い!! というか、僕のあっさり系に関する経験値が低いので新鮮に感じただけかもしれませんが、素直に美味しかったです。
出汁感ですねー。旨みの成分が、じっくり来るタイプの節類で優しいタイプでした。
正直言うと、若干辛いかなとも思いましたが、味が引き締まり、それで出汁の旨みを底上げしているように思います。
これだけつけ麺が美味しいなら、ラーメンも食べないといけませんね(笑)
あ、こちらのお店の表記では「らぁ麺」でした!!
とにかく、あっさり系の境地を開拓したので、これからは、あっさり系でも食べ進めていきたいです。

『麺や ひだまり』さんのホームページ

第三十七号、平井にある『本家 大黒屋本舗 平井店』

本家 大黒屋本舗 平井店 味玉つけそば大_convert_20140312175959
↑クリック推奨

今回は、こちらはつけ麺の有名店『とみ田』さん店主プロデュースした『本家 大黒屋本舗 平井店』さんです。
麺は、『とみ田』さんで使われている自家製麺と同じ太麺ということで、期待は上がりまくりでした。
レビューとしては、本家と比べることが多くなりそうですね。
注意してほしいのは、昼は『とみ田』風のラーメンとつけ麺の提供ですが、
夜は『大黒麺』という二郎インスパイア系の背脂ニンニク野菜のかなりボリュームのあるメニューのみの提供になります。
お間違えの無いようにお願いします。
今回はつけ玉そば大950円(麺350g)で食べてきました。


麺は、『とみ田』さんと同じ太麺ストレート。
褐色も濃く、つぶつぶが入っているので全粒粉、胚芽麺系。
香りも旨みも十分。
以前、『とみ田』さんでお土産を買ったときに、硬さ調節でゆで中の麺を味見したことがあるのですが、なかなか美味でした。
この店もそれにもれず、といった感じです。
個人的には『とみ田』さんで食べたよりも若干太く感じました。
それと、僕の勘違いでなければ、麺量は大盛り350gまでしかないので、若干物足りな方ですね。
『とみ田』さんどうように、あまり多すぎても残す人が増えてしまって大変なのでしょう。
どちらにしても、かなりがっつり食べさせてくれる麺で楽しめました。


つけ汁は、濃厚魚介豚骨系でドロドロで、甘じょっぱめの、僕の好みのつけ汁です。
本家より濃厚度は下がりますし、魚粉の感じも強すぎないですね。
麺は美味いのですが、それに比べると、ちょっとパンチ不足かも。
でも、濃厚ですし、こってりですし食べごたえはあります。
小さじで白い粉(塩かもしれませんが)を入れてたところ、化調でパンチを出していたと思います。
つけ汁の器が結構大きかったので、汁も多めで嬉しい限りでした。


トッピングはつけ玉、といことで味玉のみです。
つけ汁具は、味玉、細切り? 細切れまではいかないもの豚チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、海苔、魚粉。
チャーシューは肉感が強い肩ロースかな。
細切れになっていない分、肉としての味わいがあり良かった。
味玉、醤油がうっすら味付られ、中にもしっかりとしみていて美味。
結構メンマがたくさん入っていたのが好印象でした。
基本的なトッピングだと思いますが、なかなか食べさせてくれる感じです。


平日の中休み前、14時30分ごろ着、中は五割程度埋まっていたかな、という具合。
カウンターも多いし、テーブル席も4,5くらいあったので、家族連れでもスムーズに入れる印象。
その時はスタッフが二名と少ない感じで、若干品が出てくるのが遅かったような気もしますが、麺が太めなのでゆで時間もありますね。
思ったよりスムーズに食べてスムーズに帰ってこられたので、スタッフが多い時間帯に行けば、待たずに食べられると思います。


かなり美味しかったですね。
結構濃厚ですし、麺も太麺、食べごたえ十分。
重たいのですが、店もそれをわかっているのか、麺量も大盛りまで、がんばれば食べれないことない量です。
下地は若い人向けですが、たまにはガッツ入り食べたいという人にも、お勧めいたします。
お近くにお立ち寄りの際は、是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 4  ★★★★☆
汁の濃厚さ 4  ★★★★☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆


~雑談~
つけ麺専門店に多いのですが、こちらの『箸』もいい感じに、先がに螺旋中のねじれがついていました。
麺が太麺で、なおかつ、つるつると滑るタイプもあるつけ麺の麺を持ち上げやすくする工夫がされているものですね。
『箸』の間から麺がこぼれず、汁につけた後でも持ち上げやすいし、気兼ねなく麺をすすることができます。
味だけでなく、食べやすさも考慮したお店の工夫が伺えますね。
一膳ほしいなぁ(笑)

『本家 大黒屋本舗』さんのホームページ
※『麺屋 こうじ』グループさんのホームページですが、『本家 大黒屋本舗』さんの情報も載ってます。

日清から発売中の『頑者』、パッケージつけ麺を作ってみたよ!!

パッケージ_convert_20140315102827

スーパーをふらふらしていたらつけ麺のパッケージを発見。
日清チルドの『頑者』さんのパッケージつけ麺が、なんと1食増量というじゃありませんか!?
で、思わず購入してしまった、こちら埼玉県屈指のつけ麺屋で、去年の大つけ麺博三陣出店のお店『頑者』さんです!!
実は前にも一度食べていて、その時は僕の味の好みが偏っていたため、「麺は市販の中では一番好みで美味い。つけ汁いまいち」という感じでした。
今回は二回目ということで、もう少し味わって、食べてみました。

完成_convert_20140315102850


ということで、いきなり完成品です。
今回はチャーシューもしっかりと自作しました!!
ここだけの話、出来が良かったので気分よく食べられましたね(笑)


麺は、褐色気味の中太ストレート。
市販のパックつけ麺で、このレベルの麺なら問題ないというか、普通に美味しいという感じ。
下手なお店で食べるより、良い麺してますよ。


つけ汁は濃厚な魚介といった感じ、動物系の豚と鶏がもちろん使われているでしょうが、魚介の風味というか甘じょっぱい系で食べやすかったで。
豚骨のこってりさや粘度事態は、トロドロといった具合で、絡みも良好。
以前食べたときは、「魚介が強すぎ!! 甘すぎてダメ!」と度量の狭いことを言っていましたが、逆にその甘さが万人受けする要素なのかもって思いました。
市販パックつけ麺としては、とみ田さんの次に、食べさせてくれる良いつけ汁です。


トッピングは、豚バラチャーシュー、味玉、メンマ(一工夫)海苔といった感じですね。
豚バラチャーシューは、いつもより煮込み時間を長くし、火力もやや弱火で優しく煮ていきました。
そのおかげか、赤味は柔らかく、脂身ぷるんぷるんと触感は良かったです。
特にタレは作らず、醤油のみで味付けしました。
その中に半熟卵を入れたので、卵も醤油味ですね。
メンマは市販の味付きのものを、ゴマ油で炒め、酒と醤油と胡椒で味をつけて、神田の武蔵系列『神山』風にしました。
家族には受けが良かったので一安心しました(笑)


総合、市販のパックつけ麺の中ではかなり美味しい方です。
完成度がノーブランド商品とは一線を画しますね。
本家の店舗の『頑者』さんは埼玉で、支店のほうは池袋にありますね。
池袋のほうは、今度行ってみようかな。
イトーヨーカドーさんのほうで発売中でして、いつまで1食増量か分かりませんが、是非是非お試しくださいなー。

『頑者』さんのホームページ

「つけ麺の達人」シリーズ新発売、『札幌風濃厚味噌』を作ってみた!!

つけ麺の達人 札幌味噌_convert_20140315102708

さてさて、「つけ麺の達人」シリーズで新発売、『札幌風濃厚味噌』味を作っていきたいと思います。
こちらの商品、去年の大つけ麺博で「つけ麺の達人賞」を受賞した北海道エリアからの参戦『風来堂』さん監修のつけ麺です。
順位発表の際、見逃していたのか、はたまた表記が小さかったのか分かりませんが、見逃していました(苦笑)
そもそも、「つけ麺の達人賞」というのが、店主が商品を監修すること前提ということを最近知りました、お恥ずかしい。
まあ、それは置いといて、さっそく完成品を。

P2250398_convert_20140315102744.jpg

なぜか、「味噌ラーメンには野菜炒めやろ?」みたいな固定概念があるので野菜炒めをのせてみました。
ではでは、各自レビューをば。


麺は、特にいうことないですねー。
たぶん、「つけ麺の達人」シリーズの麺は統一だったような気がしますし、食べてみて極端にすごいということはなかったです。
もちもち系の太麺ストレート、つけ汁に合わせていくタイプの麺でした。


つけ汁は、味噌豚骨、にんにくも入っているようで、パンチはあります。
特に、焦がし野菜油というものが後入れで添付されており、すごいラード感というか、うまみとコクと脂っこさを底上げしていて、ものすごくジャンキーになっていました。
マー脂に近い感じもしますし、これがあるからこの商品が成り立っている感はあります。
それが美味しいというか、このシリーズの中では一番こってりになるんじゃないかと思います。
こってり好きにはおすすめできます。
でも、味の基本は、こちらのシリーズの「濃厚豚骨醤油」の味っちゃ味なので、期待しすぎもどうかと思います。
焦がし野菜油は美味しかったです。


トッピングは見ての通り野菜炒めです(笑)
特にいうことはないです。


~総評~
上記にも述べましたが、つけ麺の達人シリーズでは随一のこってり感があります。
魚介の甘さが好きっていう方は、ちょっと重すぎるかもしれません。
逆にこってりが好きという方にはおすすめできますので、是非是非お試しくださいなー。

『つけ麺の達人(日清食品チルド)』のホームページ

第三十六号、新橋の『麺屋 武一 新橋店』

麺屋 武一 新橋店 濃厚鶏白湯ラーメン大盛り_convert_20140312180034
↑クリック推奨


先日お邪魔しました、新橋にある『麺屋 武一 新橋店』さんです!!
少し前に秋葉原店にお邪魔して、内装がどうとかと文句垂れましたが、新橋の本店さんのほうはゆっくりできると伺ったので試してみました。
今回は、濃厚鶏白湯780円を麺大盛り(+100円)で食べてきました。
ラーメンなので全体的に軽めのレビューで。


麺は中太ストレート、黄色めの、どちらかというともちもちのほうが強い感じです。
スープに良く絡みますし、食べごたえもあり(大盛りだからかも)。
このグループの麺は水分が多いのか、スープの粘度か、全体的に麺を持ち上げたときモッタリしている印象ですね。
総じて、美味しい麺でした。


スープは濃厚鶏白湯で、塩味ですね。
良い感じの濃厚さ美味しいです。
やっぱり、鶏ガラの旨みより、モミジの粘度がたつなぁ、とは思いましたが、それでも十分な濃さです。
濃いと言っても、しょっぱいという意味ではないです、出汁が濃いってことです。
もっと、こってりしている濃厚鶏白湯のお店を知っているだけに、僕としては物足りないのですが軽い分、万人受けしやすい印象があります。
麺ともよく絡みますし、良いスープでした。


トッピングはノーマルですが、ラーメンはつけ麺と違って豪華に載ってますね、うらやましい(笑)
鶏のレアチャーシューが二枚、鶏つくねが一個、穂先メンマ、ネギ、たまねぎ、水菜、鷹の爪、ですね。
レアチャーシューは味はあっさりめですが、レア具合は良い感じでした。
鶏つくねも、焼き鳥のつくねのように下味がしっかりついていて、これも美味しい。
鶏系には相性の良い穂先メンマ、と、刻み玉ねぎ、ここら辺は定番といった感じでしょうね。
良い感じに食べさせてくれるトッピングだと思います。


平日の11時30分開店の、5分前着で、店前6人ほど待ち。
結構人気があります。
店内はカウンターとテーブル席、カウンターよりテーブル席のほうが多いのは、土地柄でしょうかね。
サラリーマンとOLが8割で、大体の方が2~4人連れで来店しているように思いました。
雰囲気は秋葉原店と違ってゆったりとできました。
こちらでは口頭で注文し、支払いは後払いでした。
そこも秋葉原店と違ったところ、やはり客層に合わせているようです。
品がくるまではそれほど時間はかからなかったように思います。
食べ終わる間に、ほぼ満席。
新橋というオフィス街な立地なので、混むのは仕方ないです。
平日行かれる方は、ランチタイムは外したほうがいいと思いました。


美味しい鶏白湯でした。
濃厚さも結構ありますし、一駅に一軒あると重宝できるお店です。
新橋には他にも美味しいお店がいっぱいありますが、近くにお立ち寄りの際は是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 4  ★★★★☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆


~雑談~
美味しい濃厚鶏白湯ラーメンでした。
うーん、でも、僕としては、プロフィール欄にも書いている、『麺匠 ようすけ』さんが好きなので、そこと比べると旨みと濃厚度は下がりますね。
でも、良いお店でした。
秋葉原店と違って、ゆったりとした雰囲気が作られているというか、喧騒としていないというか、落ち着けました。
しかし、新橋だともうちょっと色々と美味しいお店はありますし、一度食べたらしばらく良いかなぁとはなりますね。
でも、濃厚鶏白湯を食べたことない方には、とても新鮮に感じられるはずなのでお勧めですよ。

第三十五号、小岩の『豚骨一燈』

豚骨一燈 味玉濃厚魚介つけ麺大_convert_20140312175921
↑クリック推奨

葛飾区行列必至の名店『一燈』さんの姉妹店『豚骨一燈』さんにお邪魔してきました。
『一燈』さんと言えば、鶏と魚介の甘みの強い濃厚つけ汁で、豚骨という印象は薄いかもしれません。
一応、他にも姉妹店『燈郎』という、二郎インスパイア?系のお店では豚骨魚介だったような気がしますが。
『豚骨一燈』さんはシンガポールに出店からの逆輸入という位置づけで、大変珍しいタイプのお店です。
ここまで、店名にも豚骨と銘打っているところ、「あの一燈さんならやってくれるに違いない!!」と期待して食べてきました。
今回は味玉濃厚魚介つけ麺880円をを大盛り(400g、+100円)です。


麺は、コシが強めな中太から太麺ストレート、表面はつるっつるです。
つぶつぶが見えたので、全粒粉、胚芽麺系統でしょうか。
結構プツンプツンと歯ごたえはありますが、極太麺というわけではないので、すすり安い印象。
個人的には、コシが強すぎる、ゆで時間でどうにでもなるでしょうが、それで好みは分かれる場合もありますね。
つけ麺食いとしては、麺の香りが残るようにコシが強めなのかしら、と思うので、これはこれで美味しいです。


つけ汁は、濃厚魚介豚骨でトロドロといった感じ。
流行系ですし、スタンダードなタイプになりますが、魚介の濃厚な旨みが強いです。
だからと言って、甘みが強すぎるわけではなく、塩見とのバランスが良い。
汁の中に初めから柚子が入っているので、それが『とみ田』さんぽいとも思いました。
徐々に味の細部が見えてくるのが面白かったですね。
一口目「魚介の香り……、なんだろう複雑」
中間「うーん、『一燈』さんっぽい魚介の使い方だなぁ」
食べ終わり「『とみ田』さんで食べたような後味と満足感、美味かった!!」
ここを任されている店主は、『一燈』さんが休みのときの『宮庵』さんの店主を務め、別の姉妹店『燈朗』さんの店主も務めたとか、前に『とみ田』さんで修行されたとかなんとかも言われていますね(確信は持てませんが)。
味の系統、細かい部分は、『一燈』さんと、『とみ田』さんの良さがお互いに出ていると思います。
でも、『一燈』さんとは全く違う系統なので、その期待値で行くと裏切られるかもしれません。
僕としては、かなり完成度の高い濃厚魚介豚骨だと思いました。
とても美味しかった!!


トッピングは味玉なので、軽めのレビューで。
麺上は、味玉が一個。
この味玉は、『一燈』さんのところに似て甘く仕上げてあります。
これは、かなり僕好みなので好印象。
つけ汁具は、四角い豚バラチャーシューが二枚、海苔、メンマ、ネギ、魚粉でした。
まあ、今回だけかもしれませんが、チャーシューの脂の入り方が素晴らしかったですね。
通常は豚のバラ肉って、上が脂身、下が赤みの、2ゾーンだという風にイメージできると思います。
しかし、こちらでは、脂身、赤み、脂身、赤み、と挟まるように、それも見た目からも綺麗なバランス入っていたので、これ意図的にやっていたら、すごいこだわりでしょうね。
まあ、真意は定かではないですが、内容としてはスタンダードながらも、総じて手が入っていましたし好印象でした。


平日の朝10時20分頃到着。開店は11時からで、40分前。『一燈』さんの並びを知っているだけに気を入れて行ったが、まだ店前や窓ガラスの清掃中。
居ても邪魔だと判断し、ちょい周辺をふらふらして、30分頃から並びはじめ、開店までに外待ち3人。
開店後、品が来るまでに、お客さんがぞろぞろと5~6人入り、6割くらいの席が埋まる。
カウンター10席ちょい、4人掛けのテーブル席3と、店内は広い印象、家族連れでも来店可能でしょう。
最初に外待ちしていたお客さんの中では、やはりラーメンを注文した人が一番早く品が来ましたね。
食べ終わって出ていくまでも、特に外待ちはなかったので、開店30分以内ならそれほど混まない気がします。
その後は、うーん、立地的にも飲食店が横並びみたいなところでしたし、駅前ではないものの混みそうです。


なかなか良い、濃厚魚介豚骨でした。
完成度も高く、魚介の旨みが濃縮、お店の品名表記でも「濃厚魚介つけそば」と豚骨って文字は入ってないんですよね。
魚介を押してくる感じで、胃の中の重みも少なく、400gあってもぺろりと食べてしまいました。
濃厚な魚介豚骨を食べたくなって小岩が近い!! というときは、是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 4  ★★★★☆
汁の濃厚さ 4  ★★★★☆
具の鮮麗さ 4  ★★★★☆


~雑談~
小岩が意外と熱いことに驚きつつ、自転車での訪問となりました。
これで小岩も僕のテリトリーです!!(笑)
他にも、新橋にある煮干し系つけ麺『月と鼈』さんの姉妹店『鼈』さんという店もありますし、他にもまだまだありそうなので、今後開拓し甲斐があります。
夢は広がりますね。

『豚骨一燈』さんのホームページ
※『一燈』さんのホームページですが、『豚骨一燈』さんの情報も載っています。

第三十四号、住吉の『麺屋 中川會』

麺屋 中川會 特製つけ麺中盛り_convert_20140309185915
↑クリック推奨

前の土曜日にお邪魔しました、住吉の行列のできるつけ麺屋『麺屋 中川會』さんに行ってまいりました。
去年の記事で、こちらの姉妹店で曳舟にある『中川會 頂』さんに行ったのですが、その本店的存在です。
曳舟の鶏魚介と違って、住吉は濃厚魚介豚骨と、僕の好みで期待値マックスでした。
今回は、濃厚つけ麺大盛り850円(300g)に、トッピングが一番多い特製Bをチョイスで+300円、ついでカレ変ライスも注文し+150円、以上のセットで食べてきました(合計1300円)。
ちょっと、贅沢しすぎた感はありますねぇ(苦笑)


麺は中太から太麺くらいのストレートで、褐色系のコシのあるタイプ。
すすりもよく、歯ごたえもプツンプツンと小気味のよい、つけ汁に合わせていく麺。
麺は定評のある「浅草開化楼」さんのもので、期待は裏切らない模様。
ものすごく突起した麺ではなかったような気がします。
食べさせてくれるという点では、満足しました。


つけ汁は、濃厚魚介豚骨だが粘度はとろとろくらい、野菜やフルーツの甘みが強くあっさり感がある。
食べやすい、濃厚とうたっている割には、こってり感も少ないし、女性でも食べやすい仕様だと思います。
こってり好きには少し物足りないかもしれませんが、総じていいつけ汁で、麺は進みました。
なかなか、美味しかったです。


トッピングは特製Bというものを選択し、別皿提供。
別皿の内訳は、豚レアチャーシューが二枚、鶏レアチャーシューが三枚、メンマ、海苔、味玉、豚ガツ(ホルモンをタレで和えたもの?)という具合で、ボリューム感はありました。
チャーシューはつけ汁に合わせる前提なのか、下味は薄めでしたが手が込んでいてグッド。
豚ガツは、こりこりのホルモン(詳しくはわからない)がタレと相まって、どちらかといえばつけ麺より、お酒のつまみとかにあいそうなイメージでした。
味玉もよく味がしみており美味。
どれも手が入っていて良かったです。
つけ汁具はノーマル豚チャーシューが一枚、ネギ、メンマといった感じ。
トッピングの食券を購入の際、普通のチャーシューか、レアチャーシューを選択できます(土日のみかも)。
好みに合わせて、トッピング内容も変化できるのは、工夫が見られますね。


特別枠「カレ変ライス150円」
麺屋 中川會 カレ変ライス_convert_20140309190006

こちらのお店は「カレ変ライス」なるものがありまして、つけ麺限定なのですが、残ったつけ汁にカレー粉(ペースト?)を加え、ライスと提供、締めにカレーライスを楽しめます。
写真では、写真撮り忘れて一口食べてしまった後が、失念失念。
これがなかなか美味しく、甘みが強いタイプで、辛い感じではなかったです。
「蕎麦屋のカレーは美味しい」の、つけ麺バージョンといった感じ。
あえて、カレーライスだけでおなか一杯になりたい願望もありました(笑)
豚バラ肉もちょっと入っていた気がします、良いサービスですね。
最後まで食べさせてくれる工夫がされているところ、店主の研究熱心さがでています、素晴らしい。


土曜日の午前11時36分、開店から6分後に到着、前客3人で外待ち。
開店からもう並びができているということで、繁盛店ですね。
先に食券を購入し、店内でそれを渡し、外待ち。
一陣を逃したので、そこから待ちが長く、35分ほどで店内へ。
後ろは5人くらい増えてました。
先に食券を渡していたからか、品が提供されるまでの時間は短かったです。
早く提供しようという心意気が感じられました。
「カレ変ライス」という変化球があるせいか、回転は若干落ちる印象。
お昼時になると、もっと混むでしょうし、待つことは必須かと思います。


なかなか美味しいつけ麺でした。
ちょっと組み合わせによっては値段が高めかな? とは思いましたが、味は美味しいですし、具材にも手が込んでいて良かったです。
特に「カレ変ライス」は評判もいいようです、僕も好きですね。
ではでは、住吉にお越しの際は「カレ変ライス」も含め、是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 4  ★★★★☆
汁の濃厚さ 3  ★★★☆☆
具の鮮麗さ 4  ★★★★☆


~雑談~
最近食べすぎなので、運動がてら自転車で行ってみました。
飛ばして50分、地元からだとちょっと遠かったですが、良いカロリー消費になり、つけ麺を美味しく食べられました。
というか、自転車で行ける距離だということに気が付いてしまったので、その付近、錦糸町、亀戸、木場、などなど、これからフットワークが軽くなりそうです。
貯金して、ちゃんとした自転車買おうか悩むところ(笑)
食ったら動く、これ絶対!!

『麺屋 中川會』さんのホームページ

第三十三号、神田の『ほうきぼし+』

ほうきぼし 汁なし担担麺_convert_20140309185834
↑クリック推奨

『魚とん』さんからの連食で、神田の『ほうきぼし+』さんにお邪魔しました。
元々は、こちらのお店が目的地でありました。
友人から「汁なし担担麺がうめぇよ!」と勧められ、「ふむ、つけ麺ではないのか。でも、美味そう(じゅるり)」ということで、つけ麺じゃないけど行ってまいりました。
今回は、汁なし担担麺850円(辛さノーマル)で食べてきました。
初、混ぜそば系のレビュー!! ということで軽めで。


麺は太麺のストレートで、もちもちと優しい歯ごたえ。
もちもちとしている分、タレによく絡むというかなじむというか、吸う感じのいい麺です。
食べごたえもあり(連食後だからかも)、普通盛りでも200グラムと結構がっつり系です。
満足の行く麺でした。


タレ? は、オレンジオレンジしたラー油系の濃厚タレ。
麺の下に隠れているのでよく混ぜ混ぜして味を絡ませます。
汁がない分、タレの香辛料がピンポイントにやってきますねぇ。
ラー油や香辛料の香りが一番、ゴマの濃厚な甘みや肉味噌の旨みが二番、香辛料の辛さが三番、という具合にやってきて、食べ進めていくうちに、辛さがどんどん強くなっていく感じです。
山椒系の舌がしびれる感じも病みつきになります。
うーん、食べ慣れない混ぜそば系なので表現が難しいですね(苦笑)
僕にはちょっと辛かったのですが、美味しかったです。


トッピング? は、小松菜・もやし・肉味噌・揚げ麺・ナッツ・にんにくチップ(ホームページ参照)。
肉味噌が美味!! 味はあまめで濃厚、その単体ではたぶん辛くはしていない感じでした。
タレの辛さが引き立つ甘み、玉ねぎをよく炒めたミートソース的な印象もあり、甘じょっぱい系が好きな僕には相性抜群でした。
個人的な、本当に個人的な難点ですが、揚げ麺が口の中で暴れて痛い!!(笑)
揚げ麺自体も太いので、触感ボリボリと抜群なのですが、麺をすする際に引っかかる引っかかる。
つけ麺をすする感覚で食べると、痛い目をみます。
まあ、ナッツ系のポリポリも含め、しっかりと触感は考えられているということで、良い方向性だと思います。
にんにくチップも追加で入れられるので、このジャンキー感がたまらない人もいるでしょう。
卓上には、ラー油や胡椒、酢などもあり、自分なりの味付けもできるので、好みに合わせられるのは良いですね。


平日の18時頃にお邪魔して、店内客3~4人で待たずに入れました。
店内の作りはちょっと入り組んでいるというか、カウンター席、若干窮屈でしたが一応テーブル席もあるようです。
神田駅前の立地なのでお昼時は混みそうです。


辛い!! うまい!! を体現したようなお店でした。
辛い物はハマる人はハマりますから、人気があるのも頷けます。
辛い物が苦手な人でも、肉味噌の旨みやナッツの甘みで食べやすくはあると思います。
他にもメニューがそろっていて、ラーメン、煮干しラーメン、女性向けのヘルシーな混ぜそばもあるそうです。
神田駅にお立ち寄りの際は是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 汁なし
具の鮮麗さ 4  ★★★★☆


~雑談~
麺を勢いよくすする、喉に辛さが直撃、むせる。
コントみたいなことをやって食べてきました(笑)
辛い物は嫌いではないのですが、ちょっと辛かったかな、という印象ですね。
もちろん、美味しいです。
こちらのお店、ちょっと別件で興味がありまして……。
少し前に、一燈と燈朗というお店が定休日の日に開いていた、『稲垣』というお店の店主が働いていると。
僕も一度だけ、『稲垣』さんで煮干し系統(鶏も入っていたかも)のラーメンを食べたのですが、それが美味しくて美味しくて、店主が働いているなら、もう一度あの煮干しが食べたいのです!!
一応、日曜日限定で『稲垣』さんになるらしいのですが、限定麺扱いで、なおかつ二週か三週に一回、内容が変わるらしく、一回目は煮干し、二回目は鶏、三回目は鯛出汁で、僕が食べたかった煮干しは一回目ですでに終わってしまって、ちょっと悲しい感じになりました(苦笑)
が、まだ『ほうきぼし+』さんのメニューの中にも煮干しラーメンならぬものが存在するので、今度こちらに訪問する際は、煮干しラーメンを食べようと思います。
まだ先の話になりますが、今から楽しみですねぇ。

『ほうきぼし+』さんのホームページ

第三十二号、神田小川町の『とろ肉つけ麺 魚とん』

トロ肉 魚とん トロ肉つけ麺 大盛り_convert_20140309185743
↑クリック推奨

先週、雨がざんざんな中、都営新宿線「小川町駅」にあります『とろ肉つけ麺 魚とん』さんに行ってまいりました。
もともとは予定になかったお店といいますか、こう歩いていて「あれ? 随分昔にレビューサイトで目星をつけていたところだ!!」となり、店前をふらふらした挙句来店しました。
本来は別のところに行く予定だったので、思わぬ誤算といいましょうか。うれしい誤算ですけどね。
後、お店のロゴマークがかわいいです、上半身が豚で、下半身が魚と、人魚ならぬ豚魚。
豚骨魚介だからでしょう、洒落が利いています(笑)
今回はとろ肉つけ麺900円を大盛り(300グラム、同料金)で食べてきました。
麺量がどれも同料金なのは嬉しいですね。


麺は、中太のストレートのすすりやすいタイプ。
ぷつんぷつんと歯ごたえが小気味よく、ぺろりと平らげてしまいました。
つけ汁には相性よかったと思います。
こちらは他にも平打ち麺というものもやっており、そちらのほうはきし麺くらいの幅がある面白い麺ですね。
前情報がだいぶ古かったので忘れていましたが、平打ち麺も面白そうでした。


つけ汁は魚介豚骨のシャバシャバ。
粘度は低く、豚骨より魚介の甘さが引き立ち、塩味もそれほど強くない印象で、さっぱり食べれました。
結構、流行系というかスタンダードタイプではありますが、近年こってりばかりが推される中では、貴重なつけ汁。
こってりばかり食べていたからか、久々のあっさり系で美味しかった、うん!!
つけ麺食べ慣れていない方すれば、中間くらいのこってりさだと思います。
スープ割に大ぶりの煮玉ねぎが入っているのに、ちょっと驚きました(笑)


トッピングは、とろ肉つけ麺で、大きめのお肉が三枚乗っています。
特製扱いではないのか、味玉はなかったですね。
麺上は、三枚の肉、メンマ、とろろ昆布(?)。
店名で押しているように、とろ肉です!!
薄切りではありますが面積は広め、赤みの部分はホロホロ、脂身の部分はトロンとしていて、触感が柔らかくて美味。
チャーシューというより、角煮の部類に近く、甘しょっぱい味付けもまた良い。
他には、とろろ昆布というのも初めてでした、すごい突起したものではありませんでしたが、麺と絡めて食べると、面白触感がします。
つけ汁具は、ほぐしチャーシュー、もやし、魚粉、ネギ、とうがらし、だったような。
こちらは特に特筆することもなく、つけ汁を壊さない優しい具でした。
とろ肉、とても美味しかったです!!


平日の17時30分頃お邪魔して、僕一人でした。
その日は雨もざんざんで、時間帯も晩飯には早いくらいで、店主が買い物へ行っていたりと、アイドルタイムだったのでしょう。
食べ終わるまでもお客さんが来ることなく、のんびりできました。
立地的にはオフィス街っぽいので、ランチタイムには混みそうな印象。
でも、それほど並ばずに食べられると予想します。


総合的に見て、美味しいつけ麺でした。
豚骨魚介のスタンダードタイプではありますが軽めで食べやすいですし。
「このとろ肉を食べに行く!!」っていうのでもありだと思います。
神田付近にお立ち寄りの際は、是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 2  ★★☆☆☆
具の鮮麗さ 4  ★★★★☆


~雑談~
もともとは、秋葉原から神田のとあるお店に行く予定だったのですが、道を間違え新御茶ノ水へ。
そこから神田に行く途中で見つけたお店でした。
名前は聞いていただけに、体が勝手に反応して来店していましたね。
普段は下調べをしてから行くことがほとんどなので、こういうサプライズ的な出会いも楽しかったです。

『とろ肉つけ麺 魚とん』さんのホームページ

第三十一号、新宿の『百日紅』

百日紅 特製つけ麺_convert_20140302170834
↑クリック推奨

先日お邪魔してきました、新宿三丁目駅から目と鼻の先。
地下の隠れ家的な場所に存在するお店『百日紅』さんです!!
この漢字で「さるすべり」と読むそうです。
僕は最初読めませんでした(笑)
珍しい名前もそうなのですが、店員さんのシャツのマークもお猿さんなのが面白かったです。
今回は特製濃厚つけ麺980円を大盛り(330g 並と同料金)で食べてきました。


麺は、中太のストレート麺。
触感にはコシはありましたが、中太なので変にもぐもぐすることなくすすれまして、かなり食べやすかったですね。
特色というほど、気づいた点はありませんでしたが、つけ汁との相性は良かったと思います。


つけ汁は、濃厚魚介豚骨かな。
魚介+動物系のスタンダードな味ながらも、魚介の比率が強めなので、粘度はトロトロでさらっと進みました。
あまじょっぱい系でしたが、ドロドロ粘度よりはさっぱり食べられ、魚介といっても魚粉をめっちゃ入れているわけではなかったので、とても食べやすかった。
僕の写真だとわかりづらいですが、魚介の茶色い濃縮タレが入っており(銀座の『朧月』さんのような)、魚粉の粉っぽさをなくしているように思いました。
甘めですが、とてもすすみやすいつけ汁で美味しかったです。


トッピングは特製ですね、
麺上は、長方形の角切りにしたチャーシューが三つに、のり。
つけ汁具は、味玉、メンマ、なると、ネギ、玉ねぎ、だったような気がします。
チャーシューは直前にタレを絡めながら焼きを入れるので香ばしさはグッド。
やや肉感が強いというかパサつきがある部位もありましたが、脂身の部分はとろけるような旨味があり美味しかった。
味玉もよく味がしみていて、なかなか。
トッピングの手入れに関しては、良かったと思います。


平日の11時開店から10分前に待ち始めて、一番乗り。
むしろ普段、開店前に並ぶようなところではないので、若干怪しい人でしたね、僕(苦笑)
で、開店後、すぐ着席。カウンターのみの店内ですが、座席数は10以上はあったかと。
中太麺なので、茹で時間も長くなく、それほど待たずに来ました。
僕が食べ終わるまでに、後ろ5人くらい来てました。
ぱっと見込んでいないように見えますが、店員さんが店先に椅子を置いたところを見るとお昼時は並ぶようですね。
でも、回転は速いようなので、それほど待たないでしょう。


総じておいしいつけ麺でした。
つけ汁が濃厚過ぎないところもたまにはいいですね。
テイストとしては流行系になりますが、それでも、ここ独自の方向性というものが垣間見えた気がします。
新宿はほかにもおいしいお店がいっぱいありますが、お近くをお立ち寄りの際は是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 3  ★★★☆☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆


~雑談~
ずいぶん前に一回来たことがあったのですが、その時は連食で二食目だったので、味の記憶が薄れていて、今回ちょっと近くまで行ったので食べてた感じです。
いやー、美味しかった。
僕としては、さっぱりな印象でしたが、ほかの人からしたら、やや濃厚といったくらいでしょうかね。
このお店は、麺量が並、大、特、麺増し、とあり、大盛り=中盛りで、間を飛ばしての表記です。
一般的な中盛り300gから、こちらのお店は+30グラム多いということで、食べごたえはあります。
特盛りは440g、麺増しは100円で220g追加だそうです。
ということは特盛り注文して、麺増しにすると660gで結構な量になりますねぇwwww
でも、男の人なら特盛りくらいはぺろりと入ってしまうと思います。
次回行くなら、ガーリック塩つけ麺を特盛りで食べたいです!!!

第三十号、秋葉原の『麺屋 武一 秋葉原店』

麺屋 武一 秋葉原店 鶏白湯つけ麺塩_convert_20140302170713
↑クリック推奨

先日お邪魔いたしました、鳥白湯の美味しいお店『麺屋 武一 秋葉原店』さんにお邪魔しました。
こちらのお店はここ1年くらいで一気に店舗を増やしている注目のお店ですね。
今回は濃厚鶏白湯つけそば780円を中盛り(多分300g、同料金)で食べて来ました。


麺は縮れ系の平打太麺でツルツル、麺自体にも凹凸があり、つけ汁がよく絡むしようになっています。
凹凸はありますが絡みは平均的と言いますがさらっとですね、多分麺のつるつる感というか、水分が多かったせいでしょうね。
食べ終わりの器を見ましたが、案の定水が溜まってました。
麺の水分の比率が多いか、水切りが甘いか、どちらかでしょう。
入りやすかったので、麺を思いっきりすするという点では、とても良い麺でした。


つけ汁は鳥白湯のあっさり系、粘度はほんのりトロみ程度。
もっとコッテ入りしている印象でしたが、出汁自体は濃厚ではなく、塩味で食べさせるタイプのつけ汁でした。
麺の水分率が高いため、最後の方のつけ汁はぬるい上に味が薄くなって、最後まで楽しめなかったのが残念でした。
つけ麺だからそうなってしまっているだけで、ラーメンのほうはなかなか濃厚そうでした。
スープ割りはホッとする感じで、モミジの香りが立ちました。
直後まで薄まったつけ汁で食べていただけに、スープ割りで挽回しましたねー。
濃厚な鶏を楽しむにはちと物足りませんでしたが、普通に美味しかったです。


トッピングはノーマルだったので、デフォルトのみ。
麺上は水菜と穂先メンマ、レモンといった感じで、鶏系なら結構定番の組み合わせだと思います。
つけ汁具は、鶏つくねが一つに細切れの胸肉、ネギと玉ねぎでしょうか。
どれも可もなく不可もなく普通に美味しかったです。
鶏つくねは、焼き鳥屋で食べるタイプに似ていて、しっかりと下味がついていて良かったです。
元々焼き鳥屋からの転身だそうで、鶏に関して専門的な部分がしっかりと出ていました。
レモンはうーん、麺の食べ途中から入れたのですが、水分率の多い麺だからか、あまりレモンの良さが際立ちませんでしたね。
それに、レモンが若干薄切りなんで、汁量が少なめなのも理由の一つだと思いました。
卓上には色々な薬味が置いてあります。
確か、ラー油、すりゴマ、魚粉、黒七味(or胡椒?)がおいてありましたね。
今回は特に何もかけずに食べましたので使っていませんが、味変の考慮は嬉しい限りです。
デフォルトトッピングとしてはまずまずだと思います。


平日の水曜日、12時20分頃お邪魔して、ほとんど満席状態。
それでも、食券買ってすぐに座れました。
店内の様相が、こうチェーン店特化というか、とにかく客入り優先で隣のお客さんとの距離幅が狭い狭い。
机の上も狭く、卓上の薬味が多い、水もセルフで卓上なのでコップと水差しが幅をとっていた、椅子も固定で動かせなかったので余っているスペースに調節もできない。
調理場前のカウンターや二名様のテーブル席ならまだなんとかなりそうですが、僕が座った壁際の席は麺の器とつけ汁の器でいっぱいいっぱいになってしまいましたね。
混み時は落ち着いて食べれる感じではなかったです。
回転は良いようで、それほど待たずに品が来ました、ここは高評価。
かきいれ時だから、予想して茹でていたのかもしれませんけどね。
秋葉原大通りの一本裏手、平日でも結構人が多い土地ですが、店前で待つことはないと思います。


味はなかなか美味しかったです。
一つの駅に一店は欲しいお店だと思いました。
ほかにも新橋(本店)や、青山などにも出店していますし、近々横浜にも勢力を伸ばしつつあるお店なので注目度は高いですね。
そこらへんにお立ち寄りの際は是非是非お試しくださいませー。

麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 3  ★★★☆☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆

~雑談~
美味しい鶏白湯でした。
味は悪くなく、秋葉原で鶏白湯は味的にも珍しいですし重宝されていると見ました。
上記にも書きましたが、客入り重視の内装でお客さんが多く、接客が微妙に追いついていなかったような。
とにかく混雑、忙しそうなスタッフ、というかホール一人しかいなかったような気がします。
ほかの方のレビューで、「スタッフが忙しそうでスープ割りが頼みづらい」というものがありまして、確かにその通りでした。
僕は結構大声で、「すみませーん」と声出ししてやっとな感もありましたし。
スープ割りをセルフにするにも、卓上には薬味や、セルフの水差しとコップ、でスープ割りポッドを置くスペースもなかったです。
しかも、スープ割りを頼んだ時に、蓮華とそれを直起きしないための小皿とスープ割りのポッドで、隣の席まで僕の食器が幅とってました。
たまたま、隣の席の人が食べ終わって空席だったので良かったですが、「食いづらいなぁ」という感想は頭から離れませんでした。
解決策としてはスープ割りのポッドを運ぶ際、麺の器だけでも回収するとかしたほうが良いと思います。
ほかには、その卓上の狭さからか、ティッシュ箱が立てておいてあるんですよね、それも横じゃなく縦で。
壁に張り付いているわけではないので、ティッシュを取り出す度にバタンバタンと倒れて、これも、「なんだかなぁ」って思いました。
新橋の本店はもう少し落ち着いて食べられるのかな? それだったらもう一度ゆっくり食べたいですねぇ。
今度はラーメンで、ライスもつけて雑炊風に……、いいですなぁ(笑)

第二十九号、秋葉原の『饗 くろ喜』

もてなし くろき 味玉味噌そば_convert_20140302132815
↑クリック推奨 2014年バージョン


くろき2013 味玉味噌らーめん_convert_20131025133316
↑クリック推奨 2013年バージョン

先日行ってまいりました、秋葉原にある人気店『饗 くろ喜』さんで食べて来ました。
こちらのお店は、元和食料理人の方が開業したラーメン屋ということで、味にはあっさり系が多く、平日は塩と味噌、煮干し系や限定麺などをやっています。
金曜日は醤油とつけそば、日によってやっている味が違うということ、水曜は昼営業のみだったりしますので、来店の際には注意が必要です。
この度、今年に入ってから塩と味噌をブラッシュアップしたと聞き及んでいたので行ってまいりました。
今回は、味玉味噌そば950円で食べて来ました。
一応、去年の味噌そばの写真もあるので一緒に掲載しますね。
ラーメンなのでレビューは控えめで。


麺は、ラーメンにしてみれば太麺でストレート、麺につぶつぶが混じっていたところ胚芽入りということでしょう。
コシは強めで弾力もそこそこあります。
友人談ですが、今年に入って塩と味噌をブラッシュアップしたとかで麺の小麦も一新したのだそう。
確か、製麺もしているはずですので(店内の奥まったところに製麺機有り)、こだわりを感じますね。
こってりめの味噌を選んだこともあり、麺の香りは感じにくかったとはいえ、つけ麺でも通用しそうな良い麺でした。
このお店は塩の方が人気があるように思えるのですが、そちらは細麺か平打麺と選べるので、最低三種類の麺を常住していることになります。
自分の好みに合わせて麺を選択できるのは良いですね。
つけ麺食いからみても、良い麺でした。


スープは濃厚な味噌で、魚介は確実に使っていると思われますが味が複雑、僕の舌では判別は難しかったです。
濃厚と称しましたが、コッテリで脂っぽいということがなく、魚介の香り(魚粉かな?)や、アーモンド、香味油の香りが立っていて、たいへん食べやすくなっていました。
今年に入ってからのブラッシュアップで味噌は、鯖の水煮や魚のすり身などをスープに溶かし混ぜているため粘度は高めのどろっどろです。
それが、わかっているのか、スープの量はあえて少なめで混ぜそばのような雰囲気を出していました。
食べる際にはよくかき混ぜると、スープが絡んで絡んで、かなりの美味です。
ブラッシュアップ前と比べると、やや塩味があがり動物性の旨みが増したように思います。
その前はどちらかというと、植物性の油(?)というか、旨みの種類がアーモンドやごまなどのオイル的な旨みでしたし、塩味もやや弱い印象でした。
前回のも美味しかったですし、今回も美味しかったです。


トッピングは、味玉選択なので味玉のみですが、デフォルトで味噌は野菜炒めが乗っていますね。
野菜炒めというか、スープと一緒に炒めて器に入れる、という感じで野菜がスープの旨みを吸い、同時に野菜が旨みを出すといった様相で、いいトッピングだと思いました。
ほかの方のレビューではコーンが乗っていたり、今回初めてだったのは紫キャベツに生のたまねぎ(ブラッシュアップ後の鯖の水煮の臭み消し?)など、時期によって若干内容が変わりますね。
上に乗っている赤色のは、香味油かな? 混ぜ混ぜしてしまったので、ちょっと分かりませんでした。
味玉は塩見控えめで、卵の味がよくわかるタイプ、美味しかった。
チャーシューは一枚、脂身は少なめのホロホロと崩れるタイプ、特製にすると増えるのかな。
ガッツリ食ったなと思わせる良いトッピングでした。


平日の水曜(昼営業のみ)、開店11時30分から12分前位に並び、前客8人。
それでも1陣で入れたので、開店してからすぐに座れた印象ですね。
入って店のなかが一杯になったとき、亭主が店員さんに外待ちの確認をした際、「15人待ちです」と言っていたので、後ろはかなり混んでいました。
ラーメン屋がひしめく秋葉原でこの並び、人気店であることが伺えますね。
待ちたくない人は1陣で、開店15分前くらい並べば、最終的な待ち時間は少なくて済むと思われます。
どちらかというと、金曜日のみの醤油の日のほうが混む印象です。
どちらにしても並ぶのは覚悟したほうがいいかもしれません。


久しぶりにおじゃましましたが、大変美味しく頂きました。
ブラッシュアップ後もいい味出してました。
塩も人気がありますので、あっさり好きの人は是非是非お試しくださいなー。


麺の極太さ 3  ★★★☆☆
汁の濃厚さ 4  ★★★★☆
具の鮮麗さ 3  ★★★☆☆


~雑談~
去年のこちらのお店に来店したのは計四回。
塩で一回(平打麺)、味噌で二回、金曜日の鴨つけそばで一回。
どれも美味しいですが、コッテリ好きの僕としては味噌を推します!!
美味しいお店なので是非行ってみてくださいなー。
最新記事
プロフィール

つけタク

Author:つけタク
「つけタク」といいます!!

つけ麺好きの中年ですwwww

美味しいつけ麺を求め、関東近辺をフラフラしています。

好みはスタンダードな魚介豚骨、麺極太です!!

お気に入りのお店、新小岩『一燈』、野方『無鉄砲 無極』、中野『麺匠 ようすけ』です。

以後、お見知りおきを~!!

ブログの概略は、食べたつけ麺の紹介、お土産や市販つけ麺の料理、とにかくつけ麺に関すること全般です。

※2014年4月からラーメン店で働くことになりました。色々と経験できたらいいなと思います。

注)評価の星は、本当に主観的な点数ですので、鵜呑みにせず参考程度に、よろしくお願いします。

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。